UBS証券:企業情報

口コミをカテゴリー別に読む

外資系証券の中でも人事にシビアな企業

buzz

UBS証券の方と取引を通して長い関わりがありましたので書かせていただきます。


UBS証券は外資系証券の中でも人事にシビアな企業と言えるので、入る時にはかなり覚悟して入らないといけません。


ある冬の時期、ベンダー情報で日本法人の社員数の半分にあたる人数を削減とでました。半分の削減というのは、その日の夕方に日本フロアの該当者が呼び出され、会社が現在置かれている状況を説明され、そのまま解雇だそうです。


勿論引き継ぎやお世話になった人への挨拶の時間も与えられていません。私物は後日送られ、セキュリティカードを取り上げられ、そのままサヨナラです。いきなり半分に減らされたフロアはガランとしている様でした。


日本でのUBS証券は外国人6割くらいのイメージです。新卒の若い日本の男性が配属されたってイメージはあんまり無いといったイメージがあります。


若い男性が入ってきても、いつの間にか消えてしまう様な感じでしょうか。仕事を教える、成長させる体制も整ってはいない気がします。


働いている人も、他社からの転職組みで長く残れる人は長く残るのですが、人の入れ替わりは非常に激しいです。


ある程度金融市場の経験を積んだ、転職組みしか残らないというのが現状では無いでしょうか。

カナブンより

UBS証券の企業情報についての記事は参考になりましたか? UBS証券について更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

UBS証券の選考内容は勉強したことが試されます

exam-interview

エントリーシートを提出して程なく面接の日時を知らされました。面接は最初から一対一です。最初の面接は採用担当の方でした。学生時代に頑張ったことやUBS証券について知っていることなどをまず聞かれました。笑顔の素敵な女性の方でしたのであまり緊張することなく望めたと思います。一通りの話が終わった後に、日本経... ...

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

寄稿記事より

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

野村證券:「ノルマ証券」と異名を与えられるほど徹底した営業力(野村證券)

野村證券はInstitutional Investorの「全日本営業力(All-Japan Sales Team)」調査において、2004~2007年の4連続でトップを堅守し続けました。2008年度は偏差でUBS証券にトップの座を渡しましたが、2位を獲得しています。野村證券は、「調査の野村、情報の野...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • for 転職
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。