トヨタ自動車:強み

下請けと一丸になってコストダウンに取り組んでいる

strength

トヨタが強いと言われる点として、カイゼンによりコストダウンも励んでいる事がよく挙げられますが、ここでいうコストダウンというのは、トヨタ自身のコストダウンだけでなく、下請け企業の作る部品などにも及びます。


ポイントなのは、ただ下請け企業に対して値引きやコストダウンを一方的に要求するのではなく、一緒になって取り組んでいるということです。

下請けの現場に入って、一緒にコストダウンのやり方を考えているという事がよく報じられています。

(受験する学生の方は、ぜひこのあたりの事例もしっかり研究してみてください)


トヨタ自身が研究開発した事も共有し、トヨタと下請け企業により発見した事も他の下請け企業に横展開していく事で、生産ライン全体で見ると非常に大きなインパクトとなります。
この原価低減の体制は間違いなくトヨタの強みの1つです。


メーカーより

トヨタ自動車の強みについての記事は参考になりましたか? トヨタ自動車について更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

【主力事業】

pr

説明するまでもなく自動車事業が主力であり、「プリウス」「レクサス」や「クラウン」「コロナ」「カローラ」等の乗用車・業務用車両を製造・販売している。特にカローラは33年連続で国内販売台数1位を獲得しトヨタ自動車の地位を不動の物にしたシリーズであり、日本の自動車史にも名を残すブランドである。... ...

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

愛三工業:働きやすく快適な職場ですが将来性にやや不安を感じます。(愛三工業)

以前この企業に勤めていた者です。この企業は主にトヨタ自動車向けの「自動車のガソリンタンク内部の燃料供給装置」を作っており、国内外に向けて生産しています。国内では愛知県の大府市、安城市、豊田市に工場を持っており、海外にもいくつかの工場を持っています。選考のポイントとしては、同期の仲間や職場の先輩方を見...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

宝くじ太郎より

JTB:説明会(筆記選考)をパスした後1次面接、2次面接、最終面接(JTB)

私が就活生でJTBを受験した時の面接についてご紹介いたします。まず、全体の流れとしては単独企業説明会(筆記選考)をパスした人のみ1次面接、2次面接、最終面接という流れでした。私は最終面接にはいくことができませんでしたので、2次面接までの内容をご紹介致します。【1次面接】・就活生が5人くらい同時に受け...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

hsgw1611より

デンソー:すごくアットホームな会社です(デンソー)

トヨタ自動車をはじめ国内の完成車メーカーだけではなく、GMやフォードなど米国車、ルノーやBMW、ボルボなど欧州車メーカーにも部品を納めているデンソーはグローバルなイメージを持たれやすいですが実際は仲間を大事にするアットホームな会社です。先輩後輩や上司部下の垣根が低く、率直な意見を言える環境です。みん...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

ソフィアより

本田技研工業:高い研究開発費率(本田技研工業)

財務面を見ると、売上高研究開発費率は国内大手、トヨタ自動車、日産自動車と比較しても最も比率が高く、多くの研究開発費を投じている。
よって、この研究開発への投資が実を結べば、新たなクリーンエネルギー車の開発に期待が持てるが、製造原価を抑え、実用化できるまでにコストを下げることが必要になってくる。>...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

阪急交通社:主力はパッケージツアーブランド・トラピックス(阪急交通社)

このパッケージツアーブランド・トラッピクスとは会員向け旅行情報誌「トラピックス倶楽部」と新聞広告を中心としたメディア型旅行商品であり、2005年度に新聞広告出稿量でトヨタ自動車を抜いて初の1位となった。>...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • for 転職
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。