東京海上日動火災保険:企業情報

2015年度ES設問/全国型従業員Grow-upコース

buzz

入社後の配属は、配属前に営業・損害サービス部門での研修を行った後(予定)、本人の希望・適性を踏まえ決定いたします。その後は、役割チャレンジ制度やJOBリクエスト制度などを通じ、本人の希望・適性に応じたジョブローテーションにより、入社後10年間に2つから3つの異なる仕事・職場を経験していただきます。



(1)大学時代に力を入れて取り組んだことを3つ挙げて下さい。

→150文字以内

(2)上記(1)でお答えいただきました3つの取り組みのうち、最も力を入れた取り組み1つを選択して下さい。

→リストより選択

(3)上記(2)でお選びいただきました取り組みに関して、活動期間、役割、人数等具体的なイメージができるように内容を教えて下さい。

→250文字以内

(4)その取り組みの中で感じた課題や問題、及び感じたきっかけ・背景について教えて下さい。また、その後どのような行動を取ったのかについても教えて下さい。

→400文字以内

東京海上日動火災保険の企業情報についての記事は参考になりましたか? 東京海上日動火災保険について更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

Grow-upコースの2015年選考〆切について

news

... ...

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

まりんより

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

    同業界の企業のクチコミ

    クレディ・スイス証券:社風としてはドライ

    総合職は男性が多く、女性社員はアシスタント的なポジションの方が多いです。アシスタントには出産後も働いている方もいらっしゃいます。金融業ではクライアントが古い考え方も多く、女性総合職で頑張っている方は苦労も多い様子。外資なので本国の意向は重要であり、時には顧客よりも本国の方針を優先せざるを得ないことも。営業の立場としては板挟みになる。部門によってレポートラインは異なるが、香港やシンガポールが本部になっている事が多い。中途入社組が多いためか、社風としてはドライ。仕事以外での人付き...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    三菱東京UFJ銀行:銀行色が強い面接

    いろんな銀行の採用選考を経験しましたが、三菱東京UFJ銀行の面接は一番「銀行色」が強かった印象があります。三菱東京UFJ銀行の面接はまず、出身大学、これまでの来歴など基本的な個人情報を聞かれることから始まりました。その後すぐに、何故銀行を選んだのか、そしてなぜその中で三菱東京UFJ銀行を選んだのかについて根掘り葉掘り聞かれました。私は、父が銀行員で、その仕事っぷりを見て「いつも自分もこんな大人になりたいと思った」ということと「お金で世の中を動かすことができる強さを持った銀行で...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    youより

    朝日信用金庫:体育会の社風

    新卒でこちらの会社で入りました。・社風 体育会系です。金融機関なら珍しい事ではないですが、その中でも群を抜いています。野球チームがあり当たり前のように甲子園出場者が毎年のように入庫してきます。挨拶等の教育は徹底されています。朝来たら上役には目の前まで行って挨拶、支店長が先に帰る時も皆一斉に立ち上がっ...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    しんより

    あいおいニッセイ同和損害保険:この会社の社風や待遇について

    あいおいニッセイ同和損保で勤務して3〜4年程度の若手です。社員のほとんどは自動車保険、火災保険がメインとして関わる商品かと思います。本社にはその他の部門もありますし、鑑査室等の部署もありますので保険そのもの以外に関わっている人が多いのも事実ですが9割以上の方々は代理店営業か保険金の支払い業務に携わる...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    RRRより

    野村證券:昭和が漂う面接

    私が入社した時はちょうど就職氷河期と言われる前年度でしたので本格的なザ.ノムラといった面接でした。やる気はあるのか?転勤はできるのか?といった内容が多く今企業で行われているようななぜ当社を選ばれましたか?あなたはこの会社に入って何が出来ますか?といったことはほとんど聞かれませんでした。やる気について...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    こばより