東京海上日動火災保険:インターンシップ

これまでの人生すべて聴く面接

internship

サマーインターンシップの面接を受けました。

流れは

エントリーシート提出→説明会込みのグループ面接→二次面接→インターンシップ参加

といったものです。

グループ面接は

1分程度の自己紹介と10分程度の自己PRでした。他の就活生の自己PRも聞けるので、声のトーンや速さなど、大変参考になります。担当者の方からも「もっとこうした方がいい」というアドバイスをいただけるので、面接慣れするには恰好の場です。

二次面接は人事と就活生の1対1。

コンピテンシー面接と呼ばれるそうですが、これまで自分の人生でどのような課題に直面し、解決してきたかが問われます。幼少期からスタートし、現在に至るまで。

何を目標とし、それに近づくための行動をしてきたのか根ほり葉ほり聞かれます。

(個人的にあまり家庭環境が良くなかったので、幼少期の質問はメンタルがやられました。選考を通った人は家柄が立派だったので「エリート主義」っぽさを感じました

ゆんより

東京海上日動火災保険のインターンシップについての記事は参考になりましたか? 東京海上日動火災保険について更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

挫折経験とその乗り越え方をアピール

exam-interview

適性検査、ESを経て一次面接・二次面接・最終面接とありましたが、面接で必ず聞かれたことは、今までで1番辛かった経験とそれをどうやって乗り越えたか、でした。特に乗り越えた方法について深く質問され、その時にどういう行動に出たか、行動に出た結果どうだったのか、そこから何を得たのか、などです。実際にこの会社へ入社し思ったのですが、お客様対応がメインになることもあり、お客様がパニックを起こされても、理不尽なことを言われても、常に冷静に対処し自分で解決する方法を見つけなければいけないので... ...

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

はなまるより

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • for 転職
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。