集英社:強み

口コミをカテゴリー別に読む

マンガ出版に強み

strength

言わずと知れた、週刊少年ジャンプなどの漫画雑誌を出版しており、漫画出版に強い。



オリコンの調べではコミック部門で「売上688.1億円とシェア11.0%」という高いシェアでトップ。(2010年調べ)



なお、書籍全般の売上部数でも講談社を抑えてトップシェア。

(ただし、漫画本が安価なものが多いため、売上額では講談社に劣っている)

集英社の強みについての記事は参考になりましたか? 集英社について更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

よみうりテレビ:アニメ部門の建て直しのためのアニメ事業部の新設(よみうりテレビ)

読売テレビは以前は強かったアニメ部門の建て直しを図るために
編成局にアニメ事業部を新設するということを読売テレビ越智常雄社長が
2009年6月の会見にて発表した。
それにより全日帯主体で消極的であった深夜アニメへの制作意欲が高まり、
2010年には集英社「週刊少年ジャンプ」作品の深夜アニメ制作が決定するなど、
短期間でのアニメ部>...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

白泉社:マンガ雑誌(特に少女漫画)に強み(白泉社)

「花とゆめ」「LaLa」などを発行している。

(もともと集英社から分離独立しており、子会社となっている。)

有名な作品として、フルーツバスケット、ガラスの仮面、3月のライオン、大奥、パタリロ、彼氏彼女の事情、など。

また、少女漫画ではないがヤングアニマルの「ベルセルク」なども有名。>...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

小学館:子供向けのキャラクタービジネスに強み(ドラえもん、名探偵コナンなど)(小学館)

ドラえもんなどの有力なキャラクターを保有している。

グループ会社の小学館集英社プロダクション(旧・小学館プロダクション)では、
未就学児向けを中心とした教育事業、キャラクターライセンス事業、放送番組の企画・制作を行っている。


※なお、もともと集英社は小学館から独立した会社であり、小学館集英社プロダクションは、>...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

幻冬舎:社長は集英社の取締役から独立(幻冬舎)

集英社の取締役から独立した気骨の社長、見城徹氏の息のかかる個性の強い会社。...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。