小学館:強み

口コミをカテゴリー別に読む

講談社と並んで、出版業界のTOP

strength

2007年度の決算では講談社は売上高1443億100万円、小学館は売上高1413億4400万円。



売上においてはこの2社が出版業界のナンバーワンの座を争っている。

小学館の強みについての記事は参考になりましたか? 小学館について更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

子供向けのキャラクタービジネスに強み(ドラえもん、名探偵コナンなど)

strength

... ...

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

集英社:版権ビジネス(集英社)

キャラクターのライセンスを活かした版権ビジネスにおいては、同業他社の小学館などと比べて出遅れている。

この弱みを解消するためか、2008年には小学館プロダクションに出資し、同社の社名を「小学館集英社プロダクション」とした。

同社は、2010年秋から放送予定の「バクマン。」を皮切りに集英社系列の作品も取り扱っていくようになると思われている(>...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。