ソニー・インタラクティブエンタテインメント(旧社名:ソニー・コンピュータエンタテイメント):機会

口コミをカテゴリー別に読む

ゲームは「3D」と「モーション」の時代に

opportunity

家庭用ゲーム機「プレイステーション3」を擁するSCEは、3Dをトピックの一つに据え、ソニー本社のソニー執行役EVPでもある平井一夫氏は、SCEアメリカ法人が開いた会見に登場し、「ソニーグループ全体で、プレイステーション3の3Dゲームをサポートする」と宣言した。ソニーは、すでに発売済みの据え置き型ゲーム機であるプレイステーション3(PS3)に、無料でソフトのアップデートを行い、3D対応テレビと3D対応ゲームを組み合わせることで、ゲームの立体視を実現すると発表しました。3D放送のための設備も、ソニーが製造しています。すなわち、ゲームを3Dの「切り込み隊長」と位置づけ、3Dそのものを推進していこうというのがソニーの狙い。

※参照先:http://www.asahi.com/digital/digitre/TKY201006240393_01.html

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(旧社名:ソニー・コンピュータエンタテイメント)の機会についての記事は参考になりましたか? ソニー・インタラクティブエンタテインメント(旧社名:ソニー・コンピュータエンタテイメント)について更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

互換戦略

strength

SCEの開発するゲーム機器は同一カテゴリ品においては下位(後方)互換性を確保する戦略を用いてきたが、40GBモデルのPS3からPS2互換機能を廃止した。PS2はI/OコントローラーにPSのCPU等を取り込む事によって互換を維待している。互換性は機器の発売初期においては当初の少ないタイトル数を備い、ま... ...

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。