リクルートホールディングス:選考内容・面接内容

口コミをカテゴリー別に読む

とにかく論理性を求められます。

exam-interview

営業職として営業部の面接を受けました。

面接官一人に対して就活生三人で面接をしました。

後日談ですが、その面接では私以外落ちたみたいです。

まず部屋にはいるなり「今回はなぜリクルートの面接を受けに来たか自分の言葉で説明してください」と質問されました。

そこから論理攻めが始まります。

ある一人は「人材業界に興味があります」と答えてましたが結局人材業界の中でなぜリクルートでなければだめなのかを答えられていなかったので不合格にしたと聞きました。

私は将来やりたいこととリクルートで学べる事を合致させてリクルートでなければならない理由を説明しました。

もちろん一筋縄ではいきません。「では、なぜそれを学ぶのにリクルートという会社でなければならないのか」と質問を受けたところ事業内容、会社の規模、事前に調べた社風を用いて説明したところ納得してくれました。

また、次の質問では「会社に入ったらどのような人材になりたいのか」という非常にあいまいな質問でした。当然残りの就活生は「御社に貢献したいです。」といういわゆる模範解答をしていましたが、それではだめです。あくまでもなぜリクルートなのか、自分の将来のビジョンとリクルートという会社は合致しているのかを面接官にアピールしていかなければなりません。

これほどの大企業となると事前のリサーチはしっかりとしておくべきです。下手に有名だからと思ってうけるとけちょんけちょんに論理攻めされます。

質問は以上の2点でした。どちらかというと自分が答えた内容がしっかり論理が通っているのかを問いているので、様々な質問に準備するというよりはしっかり自分のビジョンに筋が通っているということをアピールするのが良いです。


Akiraより

リクルートホールディングスの選考内容・面接内容についての記事は参考になりましたか? リクルートホールディングスについて更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

2019年4月以降の入社予定者を対象とした国内9社の新卒採用を統合

newgrad

(プレスリリースより)2019年4月以降の入社予定者を対象とした国内9社の新卒採用を統合することにしました。応募者にとっては、これまで各社単位で応募が必要でしたが、今後は、応募先が株式会社リクルートひとつに統合されるため、応募作業が簡略化します。また、採用プロセスや内定後の配属などにおいても、各社の枠にとらわれずに配属が実現できます。リクルートでは今後も学業や部活動、留学、起業など、さまざまなチャレンジの実現と幅広い人生プランを後押してまいります。対象会社は、以下の9社となり... ...

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。