PwCあらた有限責任監査法人:

【ES通過事例】プロフェッショナル職を志望する理由

慶應義塾大学卒のOBの方より、あらた監査法人での通過エントリーシートを提供いただきました。

一般の就活生とは時期も異なり、情報が少ない分野になります。

監査法人への就職を志望している方は参考にしてみましょう。

ESテーマ:
あらた監査法人のプロフェッショナル職を志望する理由を教えてください(あらた監査法人)

将来的に、私は公認会計士の資格を取り、アドバイザリー業務において会社の上場の支援をしたり、中小企業の再生をしたいと考えているからです。
私は大学生2,3年時に務めたアルバイト先の個人塾にて、代表取締役のそばで共に仕事をしました。その中で、財務や法務など経営の専門知識がない中で塾の経営を続けていくことは、非常に困難であるということを学びました。

なぜなら経営において、支出の面で非常に無駄が多かったです。世の経営者には、恐らく会計、財務、法務など経営の専門知識に乏しい方が大勢いると思います。そういった方々の手助けをしたいと思ったのが、公認会計士になろうと思ったきっかけです。
しかし、そのとき私は大学3年であり、大学の周りの同期を見渡してみても、大学3年時から公認会計士の勉強を始めるのは遅いのではないかという不安が頭をよぎりました。


そんなときに、貴社の会計士採用育成コースを知りました。機を逸したと感じていた私にとって、2年間十分に勉強する期間が与えられる会計士育成採用というのは、非常に魅力的に映りました。
大学3年の夏季には実際に貴社のインターンシップに参加し、監査業務体験、財務諸表分析体験を行うことにより、業務内容の理解も深まり、より一層公認会計士の資格を取り、企業の支援をしていきたいという思いが強まりました。
以上の経緯と理由から、貴社のプロフェッショナル職を志望させて頂きました。

PAK822_kaibunsyo14005645_TP_V1

このエントリーシートを書く上で注意した事は?

相手の会社がどのような人材を欲しがっているかを認識し、自分が相手の会社のニーズに沿うような人物だということを納得させる文章を書くことを意識しました。
まず、本企業の採用は、「公認会計士資格の持っていない」人間を、「その人間が将来 公認会計士資格を取ることを」見越して、採用する方式でした。

すなわち、現時点でのスキルではなく、完全なるポテンシャルを評価しての採用方式だったのです。
ということは、ESで意識する点は、私が「公認会計士資格をとるまで勉強を続けることができる人間」であり、「公認会計士資格を取得した後も熱意を持って企業に属して働いてくれること」を証明する文章を書くことです。
以上のことを踏まえ、私はまず塾講師のアルバイトで実際に経営に携った経験から、将来アドバイザリー業務において会社の上場の支援をしたり、中小企業の再生をしたいという旨のことを書きました。

ここから、「公認会計士資格を取得した後も熱意を持って企業に属して働いてくれること」という条件を満たすことができます。
さらに、「機を逸したと感じていた私にとって、2年間十分に勉強する期間が与えられる会計士育成採用というのは、非常に魅力的に映りました。」という文言も書きました。

この文言から、「2年間の猶予があれば私は公認会計士に合格してみせる」という気概を示すことができます。
以上のようにして、私はあらた監査法人の書類選考を突破しました。

編集部から

採用において特殊な選考ルートを置いている企業がありますが、
これは企業の採用努力であると同時に、その企業の社風や求める人物像が具現化したものでもあります。

それに沿ったアピールをするのも1つの戦略ですね。

就活SWOT編集部より

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。