PwCアドバイザリー:選考内容・面接内容

口コミをカテゴリー別に読む

個人面接での質問内容

exam-interview

●選考ステップ

私が応募した際の選考ステップは次の通りでした。インターンシップをはさむ選考のほか、いわゆる一般的な複数の面接を行う選考もあるようです。

書類選考⇒インターンシップ⇒個人面接①⇒個人面接②

●個人面接での質問内容

個人面接①では、ケーススタディを行う面接と学生時代に力を入れてきたことなどを質問される面接が前半・後半に分けて実施されました。ケーススタディでは、ある会社の売上を2倍にするには?などといったお題に対してディスカッションを行いました。学生時代に力を入れてきたことについての面接では、アルバイトでの経験(塾講師での授業の工夫)について説明したところ、なぜ、どのようにそれを行ったのか、詳しく掘り下げて聞かれました。特に圧迫面接のようなことはなく、いわゆるコンサルタントが行うSo what?、Why so?を確認するやり取りが続きました。

個人面接②は、パートナークラスの方が人物像を確認する面接の位置づけで、内容は人によってばらばらだと思います。

noriより

PwCアドバイザリーの選考内容・面接内容についての記事は参考になりましたか? PwCアドバイザリーについて更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

Big4の中でもコンサルよりのファーム

business

PwCアドバイザリーは、PwCグループの中でもM&Aを軸にしたプロフェッショナルサービスに特化したファームです。M&A戦略・企業再生・企業価値評価・モデリング・PMIなど、それぞれの領域に専門家がいるチーム構成になっています。出自が監査法人であるため、財務・会計の専門性が活きる領域が... ...

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

Noriより

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

プライスウォーターハウスクーパース(PwC):選考から感じた評価ポイントについて(プライスウォーターハウスクーパース(PwC))

PwCアドバイザリーではグループディスカッションが行われました。従来の筆記試験や個人面接や集団面接では把握することができない面を発見するための期待があるからということです。選考内容は、協調性やリーダーシップや傾聴力が見られているそうです。個人単体ではなく、グループの中で他の人間と関わった時にどういう...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

寄稿記事より

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

    同業界の企業のクチコミ

    アクセンチュア:国語(文章問題)数学(計算問題)性格テスト

    科目は以下の3点でした。 私自身は国語・数学合計で6割~7割くらいの手応えでしたが、問題なく合格し、2次試験に進むことができました。対策としては書店で販売しているWebテストの問題集を1冊購入して学習しておけば充分合格できると思います。 1、国語(文章問題)【時間】30分【問題数】30問程度...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    うぇっぶより

    野村総合研究所:人のレベルが本当に高い企業だとおもいます。

    以前、野村総合研究所と取引がありSEとしてシステム開発を請け負っていたものです。 野村総合研究所の強みは、とにもかくにも働いている社員の優秀さと意識の高さ、プロジェクトマネジメント能力の高さだと思います。 私が働いていた現場でも野村総合研究所の新入社員が毎年配属され、委託元として...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    ユンより

    フューチャーアーキテクト:どの段階の面接もESに沿って、基本的な質問がされます。

    【ES設問】・貴方らしさが最も現れた出来事を小学校、中学校、高校生、大学生の各年代順に簡潔に書いてください。(800文字) ・貴方の強みや得意なこと、研究成果などを具体的に教えてください。(800文字)【面接】基本的にはどの面接でもESに沿った内容を深掘りされるのと志望動機やIT業界を選ぶ...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    This is ITより

    ボストンコンサルティンググループ:BCGの社風

    完全実力主義で、特に新卒は優秀な学生しか入れません。 中途採用では、実力枠とネットワーク評価枠(案件を取ってこられる)があり、後者の場合 コンサルタントとしての実力はまちまちです。 研修制度も充実しており、コンサルタントの育成環境は整っています。 ですので成長意欲の高い方にはオススメできますが、顧客...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    KINGより

    三菱UFJリサーチ&コンサルティング:ESは1次〆切で出すように。

    2016卒の研究員(政策研究事業本部)採用として選考を受けました。結果は2次面接通過したものの辞退となりましたが、参考になれば幸いです。三菱UFJリサーチ&コンサルティングではES提出の〆切が1次と2次とありますが、極力1次〆切で出すようにすることをお勧めします。1次面接の質問会への参加案内が届かな...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    光の就活生より