エムスリー:企業情報

口コミをカテゴリー別に読む

エムスリーの企業研究

buzz

元々はソニーグループのソネットエンタテインメント株式会社(旧・ソニーコミュニケーションネットワーク)のグループ会社として設立。

創業してわずか半年あまりの2001 年 4 月には単月黒字化を達成、2002 年 8 月には累損を解消、2004 年 9 月に東証マザーズに上場、2007 年 3 月には従業員わずか 50 名で東証一部へ上場市場を変更している。



(なお、旧ソニーコミュニケーションネットワークはGREEの田中社長が新卒で入社した会社でもあります。)



ソネットという名前を使っているものの、ソニー系の経営陣は社外取締役、社外監査役の二人のみであり、ソニーの影響力はそれほど大きくないと予測される。



創業者の谷村氏は、元マッキンゼー・アンド・カンパニーパートナー(共同経営者)。ソニーグループ傘下のソネットのコンサルティングを行う中で、新規事業として現在エムスリーが行なっている事業を担当。

マッキンゼーのパートナーを辞して、エムスリーの代表に就任した。



同社の事業は「医師向けのポータルサイト」が柱ですが、そのポータルサイトを活用することで、医師に向けた広告・プロモーション事業を展開してきました。



通常、製薬会社は大勢のMRを採用し、医師向けに営業を行うわけですが、それには多大な人件費がかかります。

エムスリーを使うことで、製薬会社はそのコストを大幅に削減することができるのです。



会員制医療専門サイト「m3.com」は、専門医療情報に特化したニュース、検索エンジン、ディレクトリ、文献検索、独自コンテンツ等を提供しているサイトです。

コンセプトは「医師をはじめとする医療従事者が『欲しい!』と思った情報に最も迅速かつ的確にたどりつけるサイト」です。

登録している医療従事者は100万人以上、医師は20万人以上となっており、日本国内の医師の9割以上が登録している計算になります。



【 参考 】

これまでの業界の情報伝達は殆どが人(MR)を介して行われており、日本全体で年間1兆円以上の医療費をそのコストとして投入しています。今は日本の医師が医薬品の情報を取るときに3~4割がインターネットを介して収集しているという状態にまで持ってきています。一方で、人を介して情報伝達する手法に比べてインターネットを介した情報伝達はコストを1/50にすると言われます。ですから、ここをより拡大していくことで、医薬品メーカーの情報伝達効率を改善することができ、その対価として1兆円の原資の中からいくらかをいただきたと思っています。

http://www.procommit.co.jp/interview/m3/000060.shtml

就活SWOT編集部より

エムスリーの企業情報についての記事は参考になりましたか? エムスリーについて更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。