国分グループ本社:エントリーシート

口コミをカテゴリー別に読む

ES課題「学生時代力を注いできたことは何ですか。」

entrysheet

エントリーシート課題

あなたが学生時代力を注いできたことは何ですか。

エントリーシート回答例

個別指導塾のアルバイトです。約4年間続けており、主に中学数学を担当しています。

最初は知人の紹介で何気なく始めたアルバイトでしたが、力を注ぐようになったターニングポイントがあります。

それは、講師を始めて3カ月ほどの時期に、成績不振と保護者の要望からある生徒の担当を外されたことです。

この経験により「満足していたのは生徒・保護者ではなく、自分だけではなかったのか」と気付くとともに、「想像以上に自分の責任は大きく、この責任を果たせば学生の自分でも社会へ良い影響をもたらせる」と感じたことがその後の取組の原動力となりました。

その後「顧客視点の授業に改善し満足度を上げる」ことを目標に2点に注力しました。

1点目は「保護者への対応」です。生徒だけでなく保護者も満足させる責任があるという視点が以前は抜けていました。そのため、授業報告書の中で保護者とコミュニケーションをとることを徹底しました。

2点目は「生徒の個性・学力に合わせた指導法」です。成績が伸び悩んでいた原因の一つに、どの生徒にも均一な授業を行っていたことがありました。そのため、生徒によりノートの使い方、取り組む問題などを柔軟に変える、定期テスト前には予想問題を作成する、担当外教科の指導を行う等の対応を行いました。

このような指導を続けた結果、定期テストで数学50点上昇、模試で数学県内1位等、成績の上昇により「生徒よし」を達成、さらにはある保護者の方に「先生のおかげで子供の成績が伸びた」という言葉を頂き「保護者よし」も達成し、「自分よし・生徒よし・保護者よし」の個別指導塾における「三方よし」を達成できたと感じています。

書くにあたって気をつけたこと

作成上最も気をつけたことは、選考企業の経営方針・社風と 大学時代に醸成された自らの価値観がリンクしている印象を持つ内容にすることです。

ある業界紙で、商人の心得として知られる「三方よし(買い手よし・売り手よし・世間よし)」の精神を会社として大切にしている旨 選考企業の社員の方が仰っていたのを目にし、自らの学生時代の経験とそれにより達成したこと、学んだことから「三方よし」にリンクする部分を抽出しました。

大まかな構造としては、「学生時代力を注いできたことは?」の問いに対して、「個別指導塾のアルバイトです」と一言で結論を述べた後、1.力を注ぐきっかけになったターニングポイント 2.改善実行した具体的なアクション 3.アクションにより得られた結果 4.まとめ(選考企業の経営方針・社風にリンクするようなことを学んだ、達成できた)という具合に文章を構成しました。

どのエントリーシート作成 及び 文章作成そのものについても言えることですが、結論が先にあるということが大前提です。

特にビジネスマンは普段よりポイントのみを抽出した文章を読み慣れている、作成を求められる傾向にある為、それに合わせる意味でも大事な部分のみをコンパクトに纏める文章をつくることをお勧めします。

きーぽん(新潟大学農学部卒)より

国分グループ本社のエントリーシートについての記事は参考になりましたか? 国分グループ本社について更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。