講談社:強み

コンテンツパワー

strength

出版社不況が騒がれる昨今だが、その中での講談社の強みはコンテンツパワーにある。



単行本の発行部数が2014年現在累計4000万部を突破した大人気作「進撃の巨人」をはじめとして、古いものなら「金田一少年の事件簿」「あしたのジョー」「あさきゆめみし」など、一過性の人気で終わらない、往年の人気作が多数。



同社は電子書籍ビジネスだけではなく、コンテンツとして魅力ある作品の登場人物を活かしたゲームや携帯サイト、キャラクター商品販売などを積極的に行い、「紙媒体では終わらない」多彩なコンテンツビジネスを展開している。

講談社の強みより

講談社の強みについての記事は参考になりましたか? 講談社について更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

集英社:マンガ出版に強み(集英社)

言わずと知れた、週刊少年ジャンプなどの漫画雑誌を出版しており、漫画出版に強い。

オリコンの調べではコミック部門で「売上688.1億円とシェア11.0%」という高いシェアでトップ。(2010年調べ)

なお、書籍全般の売上部数でも講談社を抑えてトップシェア。
(ただし、漫画本が安価なものが多いため、売上額では講談社に劣っている)>...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

小学館:講談社と並んで、出版業界のTOP(小学館)

2007年度の決算では講談社は売上高1443億100万円、小学館は売上高1413億4400万円。

売上においてはこの2社が出版業界のナンバーワンの座を争っている。>...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。