京都電子計算:エントリーシート

ES回答例「あなたの特技や取得している資格、または挑戦していることは何ですか?自分の強みを簡潔に述べてください。」

entrysheet

エントリーシート課題

あなたが他人より勝ると思う特技や、取得している資格、または挑戦していることは何ですか?自分の強み(スキル・能力を含め)を簡潔に述べてください。

エントリーシート回答例

 私には自己成長のために、小さなことからコツコツと計画的に物事を取り組むことで成功を目指す姿勢を持つという強みがあります。

 私は大学入学まで極度の人見知りでした。しかし社会に出る上で幅広い世代の方とコミュニケーションをとることは非常に大切だと考え、今までの自分を変えようとしました。そこで、エステサロンの受付業務のアルバイトをすることにしました。

 しかし、最初は先輩が忙しくゆっくり教えて下さる時間がなく、一人になる時間が多いためにお客様の対応が上手くいきませんでした。電話で予約を伺う際にもヒアリング内容に漏れが出てしまうことや、来店されたお客様への対応もたどたどしく怪訝な顔をされてしまうこともありました。教わったことが頭の中でまとめられなかったのです。

 そんな時、店長が小さなノートをいつも携帯されていることに気付きました。その中には、お客様への対応やマナーなどがきれいにまとめられていました。聞くと、入社以来書き込み続けているということでした。このことから、自分の能力を最大限に活かすにはどうすべきか考えました。すると、一度に多くのことを覚えようとしていたことに気付きました。そこで毎回働く前に、成し遂げるべき小さな目標を掲げ、それを毎回一つずつ増やしていくよう考えました。

 まずは「笑顔で大きな声であいさつする」という目標から始めました。受付はいわば店の顔であり、直接お客様に影響すると考えたからです。この後、「必ず何かお客様に私から話しかける」という目標を設定しました。施術をするのはエステティシャンですが、お出迎え・お見送りは受付の仕事です。最初から最後までリラックスできる空間を提供できるよう心掛けました。お客様から「毎週の世間話が楽しみだ」と言って頂けたことが忘れられません。私はたとえ苦手なことでも計画立ててコツコツ取り組むことで、自分を変えること出来る力を持っています。

 以上から私は苦手なことであっても克服するために、コツコツと計画的に努力する強みを持っていると考えます。自分を変え、目標に向かって取り組む姿勢は誰にも負けません。

 この強みを貴社に入社してからも常に生かすことが出来るように日々考え、商品開発・提供に尽力していきたいと考えております。

書くにあたって気をつけたこと

 いつも書いている300文字程度の自己PRを、突っ込まれる可能性のあるところを膨らませて書きました。

 また、一人で黙々と描くのではなくキャリアカウンセラーの方と一緒に書き進めました。自分だけではどこが説明が足りていないかが分かりにくいので、だれか第三者の自分のことをあまり知っていない方にお話を聞いてもらいながら進めていくことが大事だと思います。

 実際に面接官の方は自分のことは全く知らないのでエントリーシート自体は紙媒体で、A4の用紙に線が引かれていたので字数制限がなかったのでしっかり膨らませて書きました。

 自分が面接で簡単な自己PRの文を読んで気になった部分を洗い出して、そこをしっかりと埋めるようにして書きました。

 すべてを下書きすると時間がかかりすぎるので何をどの順で組み込んでいくのかを紙にまとめてから流れをつかんで、その後字に起こしていくことにしました。そして書き損じをしないように気にしながら記入しました

みゆみゆ(京都女子大学 文学部卒)より

京都電子計算のエントリーシートについての記事は参考になりましたか? 京都電子計算について更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

    同業界の企業のクチコミ

    トランスコスモス:基本的な質問が多いので、しっかり準備することが大事です

      面談ブースのような場所で面接は行われ、2人の面接官との質疑応答となりました。圧迫面接のような雰囲気も特に無く、緊張せずにハキハキと受け答えする事が大事だと思います。   質問内容は書店で売られている面接対策本で対応出来るようなものばかりで「自己PR」「志望動機」「入社後...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    としより

    コア:私が体験した激務

    私がこの会社に入社したのは、大学時代の学科でコンピュータによる数値解析の研究を課題にしていたので、就職はコンピュータ関連の仕事がしたいと考えこの会社に入社しました。入社後は主に製造業の工場向けの生産管理システムの開発とパッケージ導入の仕事をしていました。そして、私が入社して4年目にある年に工場のシス...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    仕事人より

    TIS:会社への帰属意識が希薄なひとが多い

    以前、SEとして働いていたものです。TISはクレジットカード事業や公共・産業向け事業、金融向け事業などいろいろな業界に向けたビジネスを行っていますが、私が従事していたのは金融向け事業でした。   職場環境としては、自社(本社やその他事業所)で開発を行う持ち帰り開発はあまり多くなく、サー...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    ユンより

    コナミ:ESのボリュームが非常に多く、面接回数は少なめ。

    コナミはESのボリュームが非常に多いです。一方で選考自体は1次面接の次が2次面接が最終となっています。【ESの設問】●趣味・特技(100文字以下)●将来携わりたい仕事(400文字以下)●学校での専攻や研究など学んでいることについて(300文字以下)●情熱を持って取り組んだこと(300文字以下)●周囲...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    小波より

    電通国際情報サービス:スピーチ系の選考があります。

    2016卒として内定しました。■選考フローセミナー→SPI→1次面接(ES提出)→2次面接→3次面接→最終面接■面接についてISIDの面接の特徴は2分間スピーチや5分間スピーチといったものがある点です。1次面接で実施される2分間スピーチはその場で数百枚のお題が書かれたカードからお題を引いて即席で発表...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    かりんとうより