キッコーマン:強み

口コミをカテゴリー別に読む

海外事業

strength

醤油事業の記事でも示しましたが、キッコーマンの醤油シェアは世界で50%、アメリカでのシェアは55%と高く、アメリカでは「Kikkoman」は日本の醤油(Japanese soy sauce)のブランド名として広く定着しています。キッコーマンのしょうゆは現在、世界100カ国以上で愛用され、海外に7つの生産拠点をもつに至っています。

本格的なアメリカ進出を目的として、サンフランシスコに販売会社を設立したのは1957年のことでした。それから半世紀以上が過ぎ、いまではアメリカの半分近い家庭にしょうゆが常備され、「KIKKOMAN」は“Soy Sauce”の代名詞となっています。ここまで、至ったのは、キッコーマンが肉と醤油の愛称の良さをPRしたことが挙げられます。

また、1973年からは現地での製造も始まり[MADE IN USA]の醤油ができ、経営の現地化を行いました。それ以来、自国の食文化に愛着やこだわりの強い欧州や、経済成長著しいアジアへの進出を行っています。







資料

http://www.kikkoman.co.jp/corporate/about/oversea/development.html

キッコーマンの強みについての記事は参考になりましたか? キッコーマンについて更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

醤油事業

strength

... ...

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。