JTB:脅威

旅行市場の低迷

threat

旅行会社であるJTBにしてみれば、景気が悪化して旅行市場が低迷することは死活問題です。



以下観光経済新聞社の情報から



日本旅行業協会(JATA)が四半期ごとに発表している旅行市場動向調査で10~12月の国内旅行市場は、景気動向指数DIが3カ月前(7~9月)のマイナス57から9ポイント減少しマイナス66になった。学校を中心とする新型インフルエンザの感染、家計所得の低下やETC割引、企業の出張費用抑制が影響し、旅行需要が低迷している。3カ月後(1~3月)は6ポイントと小幅だが改善しマイナス60となる見込み。



  方面別では、北海道はマイナス62、奄美・沖縄はマイナス49で、それぞれ3カ月前より28ポイント、21ポイントの大幅なダウン。関東はマイナス49、甲信越はマイナス63とそれぞれ8ポイント減。京阪神は12ポイント増のマイナス41、北陸、近畿は7ポイント増でマイナス50、マイナス51、東京(含む横浜、浦安)は5ポイント増のマイナス37だった。



  前年同時期と比べて上回る方面はなく、北海道、九州、奄美・沖縄は40ポイント以上、東京、関東は30ポイント前後、他の方面も概ね20ポイント前後下回っている。



  3カ月後(1~3月)は、北海道が7ポイント増加、東北は9ポイント減少する見込み。それ以外の方面には目立つ動きはない。



  一方、10~12月の海外旅行市場は、3カ月前より6ポイント増加しマイナス66。アジア方面が好調で、また、業務渡航も復調傾向にある。年末年始の予約状況は厳しいが、間際予約への期待もあり、3カ月後は4ポイント増のマイナス62となる見込み。



  調査は617社を対象とし、217社から回答を得た。(情報提供:観光経済新聞社)





景気が回復するまで、旅行会社はつらい状況におかれると思います。

JTBの脅威についての記事は参考になりましたか? JTBについて更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

ウェブ旅行代理店市場の拡大

threat

ウェブ旅行代理店市場の拡大はJTBにとって脅威です。 なぜならば初期コストや人件費がかからないために参入障壁が低く、また価格を低く抑えられるからです。 また、ウェブ旅行代理店市場が拡大すれば、全国に代理店網を持っているというJTBの強みが生かされにくくなります。... ...

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

川崎重工業:マジメは当たり前!リーダーシップのある人材が求められる(川崎重工業)

川崎重工で派遣から契約社員、正規社員とちょっと特殊な道筋ですが現在社員になって5年が経ちます。最近はこういった契約社員から正規社員になるのはかなりの倍率なので皆さん本当に苦労されていると思います。川崎重工の社員になって一番良かったのはやはりボーナスがあることですね。契約社員だと業績にかなり影響され寸...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

kawasaki007より

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。