東日本旅客鉄道(JR東日本):選考内容・面接内容

口コミをカテゴリー別に読む

SPIについて

exam-interview

 JR東日本の選考は、ES、筆記試験(SPIなどを含む)、面接(1次、2次、3次)です。

JR東日本 のSPIは、問題量が多く、私は、最後まで解けませんでした。(それでも、なんとか突破できましたが・・) 

事前にSPI対策を十分しておかないと 、とても苦労すると思います。

JR東日本のSPIの試験問題自体は、他の会社がSPIとして使っているものとほぼ変わりません。作題も、オーソドックスなものが多いです。ただ、他社と比べて、計算問題が多く、円の体積や展開図など図形問題が結構難しかったと思いました。

小数点第2位まで出てくるので、非常に計算が面倒でした。 

計算問題の対策(特に、図形の体積や統計から平均値や数値を求める問題など)は暗算ですぐに回答ができるくらい用意しないと、 時間がかかってロスしてしまいます。

また、問題の回答量が非常に多いので、要領よく回答しないといけません。最後のほうの問題は結構簡単だったりするので、後のほうの問題もテストを解きながら、確認しておいたほうがいいと思います。 

マードックより

東日本旅客鉄道(JR東日本)の選考内容・面接内容についての記事は参考になりましたか? 東日本旅客鉄道(JR東日本)について更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

面接の内容など

exam-interview

新卒の面接の内容としては、最初に、「鉄道の業界を目指す理由についてお願いします」と言われました。自分なりに質問は想定していたので、ある程度答えると、では、「他の業界いろいろあるけど、「鉄道」業界でしかできないことはありますか?」と質問を受けました。 急だったので、「ただ人を運ぶことだけでなく社会インフラの1つとして、社会に貢献できる」と伝えましたが、ちょっと抽象的だったかも。次に、鉄道業界の中でも、「JR東日本を選んだ理由を端的に話してください」との質問がありました... ...

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

ピジョンより

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。