日本郵政グループ:事業内容・ビジネスモデル

口コミをカテゴリー別に読む

激務体験

business

郵便局とうところをあまり知らずに入社したため、楽そうで簡単で定時にあがれそうというイメージで入社しました。しかし、配属先が駅前の繁忙局であったためか毎日忙しかったです。

そもそも、郵便と貯金窓口行と保険手続きと保険の事務処理と、その他、お歳暮お中元の販売と、すべて行わないといけないとは知らなかったため、すべてマスターしました。

忙しい日はお客様に「いつまで待たせるの!」とお叱りを受けることは常で、郵便の窓口が混めば、事務処理の手を止めて郵便業務を行いました。忙しいときに限って国際郵便など受けてしまうと、あとから税関告知書に記入もれが発覚しお客様に連絡をとらないといけなかったりしました。また、深刻漏れの品物が入っていたために荷物が戻り、お客様へ連絡し(たいていなかなかつながらない)また来局してもらって事情を説明するということが多くありました。貯金業務も同じで、絶対にお渡ししてはいけない書類を間違えてお客様がもっていっしまい、あとになって発覚し、書類を取り返すまで帰れないこともありました。業務量が多くてキャパオーバーという感じでした。

櫻井 あい子より

日本郵政グループの事業内容・ビジネスモデルについての記事は参考になりましたか? 日本郵政グループについて更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

これからの事業展開に注目

buzz

この会社に勤めて10年近く経ちます。とにかく人数でいえば、かなりの社員数を抱えていますので、どこか学校のような雰囲気を感じます。郵政が民営化されて、年々、自分達で「稼ぐ」という意識が芽生えはじめたように感じますが、民間企業に比べればまだまだ低いです。一部報道があるような自爆営業があってブラック企業だ... ...

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

まいけるより

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

ゆうちょ銀行:エリア基幹職 履歴書(ゆうちょ銀行)

日本郵政グループ共通指定の履歴書です。学業、ゼミ、研究室等の内容(250字以内)商品企画ゼミに所属しています。中でも最も力を入れたことは、商品企画を学ぶ学生たちが企業から出されたテーマで競い合う大会にゼミの仲間と出場したことです。優勝チームの商品は実際に販売されるため、商品化を目指し、自らリーダーに...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

とと丸より

三菱UFJモルガン・スタンレー証券:MUFGの国内顧客基盤とモルガン・スタンレーのグローバルなフィールドが融合(三菱UFJモルガン・スタンレー証券)

いくつもの国内証券会社が合併を繰り返し出来た同社だが、中でもモルガン・スタンレーとのジョイントベンチャーによって大きな強みを得た。元々、MUFGの巨大な国内顧客基盤を背景に成長を続けていたが、モルガン・スタンレーのグローバルリーチが合わさったことにより、顧客に提供出来る情報に幅ができた。営業担当にと...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

Y coより

かんぽ生命:圧迫面接(かんぽ生命)

全4回程面接があった。1~2回目は集団面接で、グループディスカッションや個々への質問があった。場所は各都道府県の人口の多い都市が選ばれているようであった。グループディスカッション内容はかんぽ生命の商品の普及率を上げる工夫や現時点のかんぽ生命の問題点を挙げることなどがあった。個々への質問は主に現住所や...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

くっくより

T&Dホールディングス(太陽生命保険):日本郵政グループと日本生命の提携(T&Dホールディングス(太陽生命保険))

民営化で日本最大級の民間企業となった日本郵政グループと生保業界のリーディングカンパニーとして絶対的な存在感を誇る日本生命。“巨鯨”と“ガリバー”に称される両社のタッグは、金融界に大きな衝撃を与えている。かんぽ生命は、民間に比べ見劣りする商品開発や顧客管理で日生のノウハウを活用。日生は全国津々浦々に広がる販売網を活用できる。大きな脅威となるのは確実で、業界再編の起爆剤となる可能性もあり。
>...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。