三越伊勢丹ホールディングス:事業内容・ビジネスモデル

口コミをカテゴリー別に読む

事業内容について

business

過去、お取引させていただいたことがありますので事業内容について振り返りたいと思います。


三越伊勢丹の強みは現場のオペレーション能力とブランド力にあります。高級商材を適切にオススメし、購買につなげる力は大丸等の競合他社と比較して高い状況です。近年、コスト削減の目的で契約社員比率を増やしていますが、接客に関する研修が非常に豊富であり、洗練されているため現場力の低下には響かないと現場では判断しているようです。


また、現場・各店舗の発言力が社内で強いため、現場の声を経営にフィードバックする能力は高いですが、これは裏返すとトップダウンで戦略を実行する能力がやや低い可能性も意味しています。最近CEOが引責辞任しましたが、これは旗艦店をはじめとした現場が売り場の縮小に反対した影響が大きいと社内では言われています。

百貨店自体がインバウンド需要の獲得に成功しておらず、チャネルとして衰退しているため、今後の改革方針が経営状況に大きな影響を及ぼすと考えています。

バルタンより

三越伊勢丹ホールディングスの事業内容・ビジネスモデルについての記事は参考になりましたか? 三越伊勢丹ホールディングスについて更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。 三越伊勢丹ホールディングスのトップページをまだご覧になっていない方はそちらもご覧ください。

事前準備で自分の考えや意見を見直しておく

exam-interview

一次面接は、質問会でした。あまり面接という感じではありませんでしたが、6人ほどの集団での質問会でしたので、実質グループ面接みたいなものだったと思います。事前に考えてきた質問を社員の方にその場で質問する、という形のものでした。私は、念のためにと6個の質問は考えておきました。社員さんはその場で色々と紙に... ...

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

ユキより

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

そごう・西武:国内の需要低迷により、他社との提携や合併が加速(そごう・西武)

国内の需要低迷により、他社との提携や合併が加速しており、J.フロントリテイリング傘下の大丸と松坂屋が、2010年3月1日に松坂屋を存続会社として大丸と合併して、「大丸松坂屋百貨店」が発足したことにも現れている。また、三越伊勢丹ホールディングス傘下の三越と伊勢丹の2社も、2011年を目処に百貨店運営会社を合併する予定であるなど、スケールメリットによる各社生き残りをかけている。>...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

阪急阪神百貨店:国内需要低迷による他社提携、合併の加速(阪急阪神百貨店)

国内の需要低迷により、他社との提携や合併が加速しており、セブン&アイ・ホールディングス(中間持株会社だったミレニアムリテイリング)傘下の百貨店運営会社であったそごう・西武百貨店の2社が、翌年2009年8月1日付けで中間持株会社とともに、そごう・西武へ再編されたり(旧そごうが存続会社。その後同年9月1日には、ロビンソン百貨店も統合された)、J.フロントリテイリング傘下の大丸と松坂屋が、201>...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

阪急阪神百貨店:国内需要の低迷による競争の激化(阪急阪神百貨店)

国内の需要低迷により、生き残りをかけ、他社との提携や合併が加速している。セブン&アイ・ホールディングス(中間持株会社だったミレニアムリテイリング)傘下の百貨店運営会社であったそごう・西武百貨店の2社が、翌年2009年8月1日付けで中間持株会社とともに、そごう・西武へ再編されたり(旧そごうが存...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • for 転職
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。