シスコシステムズ:脅威

口コミをカテゴリー別に読む

海外進出の際におきる「現地法とネット検閲の調整」が困難な状況にある。

threat

2000年代にはいり現地法とネット検閲の調整にかかる問題が表面化するようになり

人権侵害であるとしてネット検閲に加担している企業としてアメリカで非難される。

このような問題はシスコシステムズのみにおきている問題ではなく、

ヤフーやマイクロソフト・グーグルでも同様の問題が発生しており、

米政府や人権団体Amnesty Internationalから批判されている。

また、中国で行われる検閲はシスコシステムズやノーテルネットワークス、サンマイクロシステムズといった、

米国のIT企業の技術に支えられていると米国報告書は指摘し、

「特にシスコはネットウイルスなどを除去するシステムを中国に販売している。

この技術でウイルスの代わりに単語をはじくようにしておけば、検閲に応用可能である。」と

言及されるなど調整が難しい情勢が続いている。

このような問題は中国だけの問題ではなくベトナム・キューバなど多くの新興国で同様の問題が発生している。

シスコシステムズの脅威についての記事は参考になりましたか? シスコシステムズについて更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

ネットワーク事業における水平分業から垂直統合への期待

opportunity

... ...

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。