A.T. カーニー:企業情報

コスト削減案件だけかは自分次第

buzz

A.T.カーニーはコスト削減に強い業務コンサル寄りの戦略コンサルティングファームです。コンサルティングファームのご多分に漏れず、パートナーの得意領域次第でプロジェクトの構成が変わるところがあり、いわゆる純粋な経営戦略案件から、コスト削減(BPR)、BDD、新規事業戦略など、幅広い案件があります。ただ、コスト削減の案件数が多いので、基本的に一定割合でコスト削減プロジェクトにアサインされることになります。

離職率が高く、パートナー~マネージャーレベルでは一定の経験水準を維持しているものの、スタッフレベルでは入ったばかりの中途入社コンサルタントが多く、質はかなりばらついていると思います。ただ、基本的には昔からの伝統的な戦略コンサルタントの気風が活きており、プロジェクト内での立ち振る舞いや厳しい評価など、戦略コンサルタントとして育てていく企業文化は強いと思います(丁寧親切な指導があるかは別として)。主体性と運で、優秀なマネージャーと面白い案件ができれば、コンサルタントとして大きく育つことはできると思います。

Noriより

A.T. カーニーの企業情報についての記事は参考になりましたか? A.T. カーニーについて更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

    同業界の企業のクチコミ

    野村総合研究所:人のレベルが本当に高い企業だとおもいます。

    以前、野村総合研究所と取引がありSEとしてシステム開発を請け負っていたものです。 野村総合研究所の強みは、とにもかくにも働いている社員の優秀さと意識の高さ、プロジェクトマネジメント能力の高さだと思います。 私が働いていた現場でも野村総合研究所の新入社員が毎年配属され、委託元として...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    ユンより

    フューチャーアーキテクト:どの段階の面接もESに沿って、基本的な質問がされます。

    【ES設問】・貴方らしさが最も現れた出来事を小学校、中学校、高校生、大学生の各年代順に簡潔に書いてください。(800文字) ・貴方の強みや得意なこと、研究成果などを具体的に教えてください。(800文字)【面接】基本的にはどの面接でもESに沿った内容を深掘りされるのと志望動機やIT業界を選ぶ...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    This is ITより

    ボストンコンサルティンググループ:BCGの社風

    完全実力主義で、特に新卒は優秀な学生しか入れません。 中途採用では、実力枠とネットワーク評価枠(案件を取ってこられる)があり、後者の場合 コンサルタントとしての実力はまちまちです。 研修制度も充実しており、コンサルタントの育成環境は整っています。 ですので成長意欲の高い方にはオススメできますが、顧客...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    KINGより

    三菱UFJリサーチ&コンサルティング:ESは1次〆切で出すように。

    2016卒の研究員(政策研究事業本部)採用として選考を受けました。結果は2次面接通過したものの辞退となりましたが、参考になれば幸いです。三菱UFJリサーチ&コンサルティングではES提出の〆切が1次と2次とありますが、極力1次〆切で出すようにすることをお勧めします。1次面接の質問会への参加案内が届かな...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    光の就活生より

    リンクアンドモチベーション:コンサルティング会社というよりは営業会社

    組織コンサルティング会社としてブランディングされているが、コンサルティング会社よりは営業会社。リクルートの社風に近い。フレンドリーで気さくな社員が多い。社員は新卒の生え抜きが多く、中途社員もいるがカルチャーに合わず離職になるケースが多い。採用で求められる人材は、人としての気持ちよさと、地頭の良さを兼...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    りんくより

    2019卒(3年生・修士1年生)必見イベント