アステラス製薬:インターンシップ

論理的な思考が非常に求められます。

internship

「サマーインターンの選考はどのようなものであり、自身はどのように対策したか」

選考は2段階の選考がありました。1つ目はES(エントリーシート)による選考。そして2つ目はGD(グループディスカッション)による選考です。

まず、ESに関してはなぜ製薬業界に興味があるのか。またその中でなぜアステラスを選んだのかというとてもシンプルな質問でした。対策としては「製薬業界でしか出来ないこと」、「アステラスでしか出来ないこと」といったとうなオンリーワンの理由を作ることを意識しました。

次に、GDに関しては「A案、B案、C案の3つの案の中から新商品として販売するものを決める」という内容だった。いくつかグラフや表が資料として配られ、それをもとにディスカッションしました。対策としては常にディスカッションを引っ張る立ち位置にいることを意識しました。

 

「"このような対策をしたおかげでそれが確実に合格(インターン参加)につながった"という体験談」

どの選考段階においても「論理的であること」を貫いたことが合格につながったと思います。発言の全てに根拠を持っていることをアピール出来ればポイントが高いです。これは実際に人事の方が重視しているポイントだとおっしゃっていました。

 

「インターンはどのようなもので、インターンに参加したことで得られたものは何か」

参加する利点は大きく分けて3つあると思います。1つ目はその業界や企業に関しての知識が圧倒的に増えること。約一週間その企業についてのワークをやることになるため、参加前とは比べものにならないほど知識がつきます。2つ目は他の就活生とのコネクションが出来ることです。意外と就活は情報が重要になってきます。他の就活生と情報共有出来る環境を作ることはインターンだけでなく今後の本選考においても活用出来るため重要だと感じました。そして3つ目は内定に近づくことがあるということです。これは企業によるかもしれませんが、企業によってはそのまま一般選考とは別のルートに乗ることもあるため、早期内定につながる可能性もあります。


「これからインターンの選考を受けようと思っている学生へのアドバイス」

「論理的な思考をすること」と「感情豊かな人であること」の双方が就活では評価ポイントとなります。どうしても就活で成功したいのであれば、双方の質を自分の出来る限りまで上げることがカギになってくると思います。がんばってください。

Lより

アステラス製薬のインターンシップについての記事は参考になりましたか? アステラス製薬について更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

病院担当はとても大変な仕事です。

buzz

アステラスに入社を希望したのは、給料がよく医薬業界は景気に左右されることが少ないので安定感があると思ったからです。入社後には営業職(MR職)として働いていました。仕事は病院担当だったこともあり、拘束時間が12時間以上になることもありとにかくとても激務でした。医師とのアポイントは基本的に医師のスケジュ... ...

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

RUGU589より

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • for 転職
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。