アマゾン・ジャパン:強み

口コミをカテゴリー別に読む

顧客の商品検索データや購買データを大量に保有

strength

アマゾンは広告事業も展開しており、利用者が入力した検索キーワード・閲覧内容に関連するスポンサー企業商品を検索結果ページや商品詳細ページなどに表示している。

これらの商品は、「スポンサープロダクト」や「スポンサーリンク」と呼ばれている。

amazonは顧客の商品検索データや購買データを大量に保有しており、そのデータに基づいた広告表示が可能であり、自社サイト自体が「購買意欲の高いユーザー」の閲覧するメディアにもなっているという強みがある。


もちろんネット広告の王者であるグーグルも商品に関する検索データは持っているものの、「実際に購入したか」どうかまで追えるアマゾンには優位性がある。アマゾンが保有するデータは、グーグルですらアクセスできない貴重なデータが大量に含まれているのである。

米金融大手JPモルガンの推計によると、2017年における企業別のネット広告収入は、グーグルが730億ドルで、首位。これにフェイスブックが400億ドルで次ぎ、このあと、米オース(米AOLと米ヤフーの親会社)の53億ドル。

アマゾンは広告事業においてもこれらに次ぐ4位の規模まで成長しており、2017年時点で28億ドルを売り上げている。

アマゾン・ジャパンの強みについての記事は参考になりましたか? アマゾン・ジャパンについて更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

全体を通して普通には聞かれないようなロジカルな質問が多め

exam-interview

1〜4次面接がありました。1次はグループディスカッションで、他に個別質問がありました。学生時代に成長した経験と、挫折した経験を聞かれました。2次は現場社員で、なごやかに進みました。質問は用意してあったシートから社員さんが選び、ロジカルで抽象的な質問でした。3次は人事面接で、大半は雑談でしたが、2次と... ...

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

iozbより

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。