TIS:選考内容・面接内容

口コミをカテゴリー別に読む

選考途中での印象と入社後のギャップ

exam-interview

以前に基盤部門で働いていた者です。IT企業を中心に就職活動を実施し、SEになって、将来公共関係にて学校のインフラシステムの開発に携われたらと思い、面接をして入社。

選考自体は当時は3回あり、人事面接、社員面接、役員面接でした。聞かれる内容はいたってシンプルなことが多かったです。例えば、大学で頑張ってきたこと、挫折した経験からどうのりこえたのかということ、志望理由、趣味、2分間の自己PRなどです。面接官自身がおっしゃっていましたが、明るくて、この子となら仕事がしたいなと思ったら合格するそうです。そして、面接官はどの面接過程であっても、明るく好印象な社員が対応してくれます。そのため、選考途中でも、「この会社はこんなに明るく楽しく勤められるんだ」と好印象を持つことができるでしょう。ただし、入社後、部署によっては全く印象と異なるところがあるため、面接だけでなく、部署見学をしっかりして決めるべきだと思います。

もっちより

TISの選考内容・面接内容についての記事は参考になりましたか? TISについて更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

選考について

exam-interview

就活解禁前に、6〜8名でのグループワークがありました。恐らくそこで好印象だった人が選ばれる→連絡が来てES提出→マッチング面談2回(実質ほぼ面接)→就活解禁日に内定を頂く流れです。マッチング面談に呼ばれなくても就活解禁後の正規ルートで選考を受けることができるそうです。一次面接は役職クラスの方と1:1でした。面接官の方がWEBエントリーシートを印刷しており、それを元に質問されました。①学生時代に経験した困難に対して、どう考えたか、どう対処したか等問題解決力。②なぜIT業界なのか... ...

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

きぬより

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。