タナベ経営:企業情報

口コミをカテゴリー別に読む

三次面接で圧迫面接がありました。

buzz

私は経営コンサルタントの仕事をしたいと思いこの会社を受けました。1時面接、2次面接と比較的普通の面接でしたが、3次面接の前にある課題が出されました。その課題とは「架空の会社の売上を上げるためにあなたならどのようなコンサルティングを行いますか?」と言うもので、当日までに資料を準備し面接に臨みました。面接はまず、事前課題を発表し、その後質疑応答を行うという流れでした。しっかりと課題について研究し資料準備していたので課題の発表については問題なく終了しました。しかしその後の質疑応答でかなり典型的な圧迫面接をされました。面接官は3人おり主に質問する人物は1名その他の2名はメモを取りながらながら要所要所質問を投げかけてくるというスタイルでした。

実際に質問された内容としては、経営コンサルタントは学歴なども非常に大切なのですがあなたは学歴に自信がありますか?と言ったものや、今回の事前課題に関するあなたの提案はまったく良くなかったと思いますがあなたはどう思いますか?そしてあなたはほんとにこの仕事をやっていけると思っているのですか?と言う、かなり突っ込んだ質問ばかりでした。

圧迫面接だと言うことはすぐにわかりましたので、毅然とした態度で一つ一つの質問に答えてきましたが1人の面接官がぼそぼそと「絶対やっていけねえだろ」「なんでそんな事が言えるんでしょうかね」といったネガティブな相槌を入れてきました。

やはり経営コンサルタントは過酷な仕事なのでストレス耐性なども見られていたのだと思います。

質問以外のことは気にしないようにし、丁寧に回答を行い面接を終えました。その結果最終面接も無事クリアすることができ内定を頂く事ができました。結果的に、辞退をさせていただきましたが非常に勉強になる良い面接でした。

タナベ経営の企業情報についての記事は参考になりましたか? タナベ経営について更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。