サカイ引越センター:企業情報

口コミをカテゴリー別に読む

慣れれば和気あいあいとした雰囲気

buzz

サカイ引越センターには3年ほど前に新卒で入社して3年間働いていました。実際働いていたからこそ、ホームページや企業説明会では分からない表と裏の部分を赤裸々にお話できます。

社名からしてサカイ引越センターは引越専門の企業です。運送業と引越業を兼務している会社もありますがサカイ引越センターは引越専門、つまり引越しか行っていません。そのため、引越だけの知識や技術を習得したこの業界のプロフェッショナルと言えます。引越に精通しているということは、裏を返せば引越以外は苦手ということも言えます。もしこの世界から引越する人や企業がいなくなってしまったらサカイ引越センターは存在する意味をなくしてしまいます。

引越のプロフェッショナルということもあり、競合他社と明らかな違いがいくつかあります。引越作業をする作業員は全てサカイ引越センターが雇っている社員やアルバイトです。下請業者が作業をすることはありません。トラックも同様です。有名なパンダのマークがついたトラックしか使用しません。これは引越を依頼したお客様にとっては一番安心できますね。サカイ引越センターお仕事をお願いしたにも関わらず、全く違う制服を着た人が全く違うトラックで自分の大切な荷物を運ばれたらとても不安になるはずです。そして、引越技術の取得、向上にはとても力を入れています。日本一引越しにくい家を建て、そこで作業員が引越技術を磨いています。引越しにくい家で練習を積み重ねれば、一般的な家庭や企業での引越はスムーズに行えることは明らかです。他社では実際に家を建てて作業員技術を向上させるまでの資金や時間はありません。こうした点からも他社との技術差は明確に変わっていきます。

うした他社との違いは入社後にお客様や取引先企業へサカイ引越センターを説明する際に大いに役立ちます。一般方からすると引越会社の違いは一見分かりにくいですが、安心感を提供できる材料がいくつも揃っているということはとても強力なアピールポイントになり、あらゆる商談もスムーズに進みます。引越業界2位、3位といった中途半端な順位では自信を持って自分の会社をアピールできませんよね。堂々と引越業界1位であると言えることは自信になり、仕事内容にも繋がっていきます。

入社後は入社前に抱いていたイメージと大きくかけ離れていて驚きの連続でした。まず、拘束時間が長く残業時間が多いです。新人もベテランも関係なく一人の社員が抱える仕事量が多いことが事実です。例えば引越を実際に行う作業員は朝7:00から夜の20:00以降も仕事をする可能性があります。お客様の都合に合わせて運ぶ荷物量によって仕事内容が変わるため、どうしても拘束時間が長く、不規則になりがちです。また、引越専門業者であるため、覚えなければいけない専門的な知識も膨大です。休日も希望通りには取れず、学生時代の仲間や彼氏、彼女と疎遠になることもあります。しかし悪いことばかりではなく、各支店で社員間の連帯感は強く、男性社員の割合が多いので飲み会や食事会は頻繁に行われます。同僚や上司と打ち解ければ、仕事は大変でも和気あいあいと皆んなで協力しながら仕事を進める楽しさがあります。

業務内容が過酷で給料が低いため、常に人手不足の企業です。やる気さえあれば経験、資格、素質などは全く問われません。支店によって職場の雰囲気や環境が大きく変わるので、入社前から配属予定先を人事部に問い合わせて事前に準備しておく必要があります。

なりむより

サカイ引越センターの企業情報についての記事は参考になりましたか? サカイ引越センターについて更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

良くも悪くも関西系の雰囲気がある

exam-interview

選考を受け、内定を頂いたことがあります。(最終的に他社に行くこととしたため、この会社は辞退しました。)本社が大阪ということもあってか、特に面接においては関西系のノリでした。私が面接を受けたのは東京でしたが、面接官も関西弁の方で、大きな声でしゃべったり、反応がオーバーだったりしました。面接での質問内容... ...

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

TKPMより

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。