セブン銀行:企業情報

口コミをカテゴリー別に読む

不景気になっても不良債権を抱える心配はありません

buzz

セブン銀行は、セブン&アイグループの金融機関です。この銀行の特徴は、一般的な銀行業務を行っていない点にあります。一般利用客は普通預金を預けることはできますが、セブン銀行は預金を使って、民間企業へ融資をしたり、一般の個人に対して住宅ローンや車のローンの融資をおこなってはいません。

この銀行の主な収益源は、提携している金融機関からのATM利用手数料です。

セブン銀行の事業戦略は、自社のATMを、大株主であるセブンイレブンやイトーヨーカドーの店内に設置していき、さらにセブン&アイグループ以外の場所や海外にもATMを設置していくことにあります。そして、なおかつ提携する金融機関の数を増やしていくことにあります。

ATMの設置台数が増えて、提携金融機関が増えることによって、セブン銀行はATM利用手数料収入を増やすことができます。ビジネスモデルはとてもシンプルですが、一般利用客にとってもっとも身近なATMという地位を築くことによって、盤石な収益基盤を築いています。しかも、まだまだ業績が成長する余地は高いのが、この銀行の特徴です。

ですから、この銀行の強みは、世界経済や日本経済が不景気に陥っても、不良債権を抱える心配がない点にあります。


Aru式諏訪部明仁白蛇仁より

セブン銀行の企業情報についての記事は参考になりましたか? セブン銀行について更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

セブン-イレブン・ジャパン:コンビニ事業と金融事業で利益を計上(セブン-イレブン・ジャパン)

セブン&アイホールディングス全体で見ても、営業利益のほとんどをコンビニ事業で稼いでいます。 続いて、セブン銀行などの金融関連事業も稼ぎ頭です。 百貨店事業では赤字も出ているものの、最小限に抑え、 通販事業においては、ニッセンを買収することで、赤字をカバーすることが出来ました。 参...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

SWOT編集部より

SBIホールディングス:インターネットバンキング市場の拡大(SBIホールディングス)

SBIホールデングスはグループ会社のSBI証券を通じて、住信SBIネット銀行に出資をしています。住信SBIネット銀行はSBI証券と住友信託が50%ずつ出資する無店舗型のインターネットバンクです。現在、ほとんどATMしか利用しない人も多いので、人件費が掛からないインターネットバンクは一般の銀行に比べコ...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

新生銀行:ゆうちょ銀行やセブン銀行と提携した業務(新生銀行)

ゆうちょ銀行やセブン銀行と提携を組み、24時間・手数料無料で入出金でき、また自宅のパソコンから操作できることを売りにしている。
発足当初は“振込みの手数料が無料”だったが、現在では取引内容により顧客をランクわけし、月間での無料の振込み回数が変わる。>...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

SBIホールディングス:各業界の大手企業を手を組み、コストを削減しながら新しいサービスを提供している(SBIホールディングス)

住信SBIネット銀行は住友信託銀行、セブン銀行と提携。 SBIアクサ生命はアクサ生命と提携。 >...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

SBIホールディングス:自ら店舗を持たず、低コスト経営を実現できる(SBI証券、住信SBIネット銀行など)(SBIホールディングス)

住信SBI銀行は、セブン銀行、ローソン、ファミマ、ミニストップ、ゆうちょ銀行と提携し、ATMとして利用することができるようになっている。>...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。