池田泉州銀行:企業情報

口コミをカテゴリー別に読む

採用は100人越え

buzz

100人を切る程の人数がいつも採用されていましたが、数年前から新卒採用を100人程とるようになりました。

男女比は男子が若干多い時が多いですが、ちょうど半々という年もあります。入社する学生の傾向としては、ほとんどが商学部や経済学部が多いです。

金融知識が必要とされるので、元々その分野に興味がある子が多いようですが、経済系と全く関係ない分野の学部卒業の子も毎年必ず入行しているので、入行前に自分の学部をそこまで気にすることはありません。

例年併願される企業は金融が多く、ほとんどがメガバンクや関西の地方銀行に就職希望で選考を進めた人でした。ほぼ新卒で入行したかたですが、たまに中途採用で契約社員の方もおられます。

しかし、ほとんどいないのが現状なので、あまり中途採用には力を入れていない傾向です。パートさんの採用は毎年多いですが、入行したいと考えているのであれば新卒での入行が良いでしょう。

じゅうより

池田泉州銀行の企業情報についての記事は参考になりましたか? 池田泉州銀行について更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

キャリアパスは入社してから決まることが多い

buzz

ほとんどの方新卒採用で入社しています。入社前に面接などでも窓口、融資がしたいなどの希望を話す機会はありますが、実際に入行してジョブローテーションを経験してから決まることが多いです。入行1年目はジョブローテーションをしっかりしてくれる支店に配属されると窓口、融資、営業を経験できるので、それぞれ経験して希望、先輩から見た適性を判断して本配属が決められます。中にはジョブローテーションはあってないような支店もありますが、運にもよります。本当にしたいことが入行前に決まっているのであれば... ...

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

じゅうより

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。