豊田通商:事業内容・ビジネスモデル

口コミをカテゴリー別に読む

他社総合商社との違い等

business

   豊田通商は収益の半分が自動車関連であり、現在は自動車分野の所にもっと力を入れていこうという雰囲気があります。

また、アフリカ方面に優れた事業をいくつも持っており、その点では他総合商社を凌ぐと思います。世間一般的には7大総合商社の中では6番手ですが、純利益などを見ると丸紅より上だともいわれています。反対に弱みは優れた資源案件をあまり持っていない点にあると思います。資源系だけで見ると7大商社の中で最下位とも言われています。

社風はラグビー部出身やラクロス部出身など明るく元気な方が多いので体育会系だと思います。現場主義をとても大切にしており、メーカーの現場に行くことが多い関係で飲み会や接待がとても多いです。選考は経団連の規則を守って行われるため、選考解禁日から面接が始まります。

(リクルーター面談などは別にある)

他総合商社も同時期に選考が始まりますが豊田通商が第一志望ならなるべく早い日程で受験をした方がいいと思います。早い人だと3日で内定が出ます。

面接は3回ありますが2次面接からは交通費が支給されます。1次面接はエントリーシートを全く見られず、自己紹介と自己PRからの深くつっこまれるだけですがここをミスしてしまうと落ちてしまうので綿密に準備をしてください。


ダカラより

豊田通商の事業内容・ビジネスモデルについての記事は参考になりましたか? 豊田通商について更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

収益性はやはり、自動車事業>非自動車事業。

buzz

メーカー系商社。自動車のライフサイクルに於いて、資源調達から加工、物流、販売サービス、スクラップまでのバリューチェーンを創り、繋げていく役割を担っている。トヨタ本体も海外進出しているため、豊田通商は新興国・アフリカなどに注力している。自動車事業はトヨタ相手に限定されており、他グループの自動車を扱... ...

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

KAJより

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

エレマテック:この会社の総評(エレマテック)

ここ数年売上は右肩上がりで上昇しています。これは2009年に合併をしてから、豊田通商の子会社となり、トムキを吸収合併したりと、パイを増やして来た事に起因しています。この会社の強みとも弱みとも取れる事ですが、電気系商社なので自社の商品がありません。他社メーカーの商品をお客様へ販売する事を商売としており...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

ふうせんより

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。