昭和システムエンジニアリング:企業情報

口コミをカテゴリー別に読む

社風が良くも悪くも古い会社です。

buzz

新入社員研修はしっかりとしていますので、プログラミング未経験でも安心です。

先輩社員は大人しく、優しい人が多いです。活気はありません。これから伸びていく会社というより、いまあるお客様のコネクションを大切にして事業を継続している感じです。

社風は風通しが悪く、若手社員は窮屈に感じることも多々あります。有給休暇消化率は悪く、休日出勤や残業も多いです。プロジェクトの進捗が思わしくないと、マンパワーで乗り切る会社です。


離職率は低くはなく、毎年20名前後辞めています。仕事ができる人、先を読むことができる人は4、5年で辞めてもっと大手の会社に転職していきます。

社員のモチベーションはあまり高くありませんが、やるべきことはしっかりやります。客先からのクレームも少ないです。

ほとんど客先での作業になります。配属された部署によってシステムエンジニアとしての運命が大きく左右されます。例えばweb系の開発がやりたいと思っても、配属された部署にその仕事がなければできません。部署間の異動はあまり無いので、身に付けたいスキルをまったく身に付けられないまま年齢だけ重ねてしまうことがあります。そうなってしまうと転職しにくくなります。

社員の男女比は圧倒的に男性が多いです。女性は働きにくい環境なので、長く働いている人は少ないです。

互いに干渉し合わない社員が多いので、最低限のコミュニケーションが取れればやっていけます。

選考の際は、新卒採用は皆さん未経験者のため、きちんと会話が成り立つか、コミュニケーションが取れるかを重要視されます。普段から年上の方と話す機会が多ければ、自然と身についているスキルですので問題無いと思います。



だいずより

昭和システムエンジニアリングの企業情報についての記事は参考になりましたか? 昭和システムエンジニアリングについて更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

    同業界の企業のクチコミ

    LINE:スペシャリスト選考枠に入れば新卒で年俸600万以上

    LINEでは、技術系職種の選考過程でスペシャリストの基準に満たすと判断した学生には、スペシャリストコースの選考フローが案内されるようになっています。スペシャリストコースで採用された場合は新卒時点で年俸600万以上からスタートとなります。通常の新卒は学部卒:標準年俸4,608,000円〜 大...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    DTS:説明会がとても参考になった。

    主な採用フローは、WEBテスト→一次面接→二次面接→三次面接でした。一次面接の前にエントリーシートの提出が求められます。内容は学生時代頑張ったことと志望動機がメインでした。学生時代頑張ったことは以下のように書きました。私が大学生時代最も頑張ったことは、塾の講師のアルバイトです。塾の中で最も分かりやす...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    わかしまより

    メルカリ:メルカリの新卒採用について

    メルカリではエンジニア、デザイナー、プロデューサーの3職種で新卒採用を行っています。どの職種でも2~3種類の選考ルートがあります。■エンジニア・アウトプット選考 (GitHubアカウントの提出)・インターン選考・面接選考 (技術課題の提出あり)■デザイナー・アウトプット選考(ポートフォリオ)・インタ...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    カリメルより

    デジタルガレージ:社風や組織体制など

    【事業】 ITベンチャー企業のカテゴリに入るが、その中では老舗と言える業歴・規模の会社です。いわゆるスタートアップに比べるとガツガツさはありません。 「食べログなどを運営するカカクコムの親会社」ということで知っている方も多いかと思いますが、デジタルマーケティング領域で様々な事業に取り組んでいる。ベン...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    デジカより

    ワークスアプリケーションズ:インターンで開発の楽しさを実感。

    入社するためには、インターンを受ける必要があります。選考もありますが、インターンを受けることの方が内定をもらえる確率は高いと思います。インターンなので、1ヶ月間ほど受けるだけでお金ももらえるので、小遣い稼ぎの気分で受けてもいいと思います。それでも十分自分の能力の見極めができると思いますし、成長もでき...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    もと太郎より