SRAホールディングス:選考内容・面接内容

事業内容の把握が必須です

exam-interview

会社説明会、面接共に会場は、池袋にある本社で行いました。会社の雰囲気としては、明るいよりも真面目、という雰囲気が伝わってきました。本社内の照明もそこまでは明るくなく、落ち着いた印象だと感じました。やっている事業が幅広く、何をやっている会社かと訊かれると返答に困りやすいですが、事業内容をしっかり把握していないと志望動機が上手く言えなくなってしまうため、事業内容の把握は必須です。

面接は2対2で、志望動機ももちろん訊かれました。他には、学生時代に何をやってきたのか、そのやってきたことが、入社後どう活かせるか、あるいはそこから何を学んだのか、等学生時代の活動について中心的に訊かれました。落ち着いた雰囲気ということから、結構緊張もしますし、発言がややし辛い雰囲気でした。私の場合事業内容を把握し切れず臨んだせいで、面接で殆ど喋れなかったため、この会社においては特に企業研究が必要です。

あるふぁより

SRAホールディングスの選考内容・面接内容についての記事は参考になりましたか? SRAホールディングスについて更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

独立系SIとして何でもやれます

buzz

メインは銀行などの金融機関向けの金融業と、組込みなどの製造業向けが柱となります。独立系ということでシステム側に軸足を置いて、各業態のお客様にサービスを提供していく会社です。顧客の情報システム戦略を立案していくコンサルティング業務から、システムの開発・運用・保守、またハードウェア等のインフラ構築・運用... ...

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

    同業界の企業のクチコミ

    コナミ:ESのボリュームが非常に多く、面接回数は少なめ。

    コナミはESのボリュームが非常に多いです。一方で選考自体は1次面接の次が2次面接が最終となっています。【ESの設問】●趣味・特技(100文字以下)●将来携わりたい仕事(400文字以下)●学校での専攻や研究など学んでいることについて(300文字以下)●情熱を持って取り組んだこと(300文字以下)●周囲...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    小波より

    電通国際情報サービス:スピーチ系の選考があります。

    2016卒として内定しました。■選考フローセミナー→SPI→1次面接(ES提出)→2次面接→3次面接→最終面接■面接についてISIDの面接の特徴は2分間スピーチや5分間スピーチといったものがある点です。1次面接で実施される2分間スピーチはその場で数百枚のお題が書かれたカードからお題を引いて即席で発表...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    かりんとうより

    アドバンスト·メディア:ブラックでもなくホワイトでもない

    元開発職で勤めていた者です。この会社は良くも悪くもない会社だと思います。というのも、見なし残業なので残業代は出ず、ボーナスもありません。しかし休暇は割と取りやすいと思います。周りに気を使って休めないという人は私の知る限りではいなかったように感じます。私が辞めた理由はやはり給料に不満だったからです。い...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    alloより

    ニフティ:とても丁寧で、個人をしっかり見てくれる面接です。

    「どうしてニフティに入りたいのか」「ニフティでなにがしたいのか」という、入社後の意識に対する基本的な質問をされます。やりたいことはしっかりと答えられないと、 「この会社に合わないと思う」と心配されます。しかし、面接官の方は「この仕事は君が思っているよりも地道な面が多くて…」と仕事の説明を細かくした上...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    アウディより

    三井情報:親会社のおかげで企業体としては安定している

    三井物産の子会社のSIer。経営陣は三井物産から出向してきている。以前は上場していましたが、今は上場廃止し、三井物産の100%出資となりました。SIerとして何か独自性があるわけではないが、親会社のおかげで企業体としては安定している。一方で親会社に依存する意識が高く、攻めで売上を伸ばそうという気質で...(省略されている内容はログイン後に表示されます。)

    重堂より