エキサイト:企業情報

口コミをカテゴリー別に読む

腰掛け意識の経営からの脱却が望ましい

buzz

業績の長期低迷が続いています。2011年3月期までは、毎年売上高が100億円前後で横ばいで推移していましたが、それ以降は年々売上高が減少し、2016年3月期の売上高は約75億円にまで落ちこんでしまいました。そして経常赤字に転落してしまいました。深刻なのは、営業キャッシュフローが赤字となっている点です。

エキサイトは、ポータルサイトビジネスを展開していますので、経営効率は高く、いまでも無借金経営を続けています。しかし、これだけの大幅な売上減少を今後も続けていくようですと、リストラや社員の給料減額といった措置がとられるのも時間の問題だと思います。

エキサイトの課題は、エキサイトの社長をはじめとする取締役が、ほぼ6年おきに入れ換わるという点です。親会社の伊藤忠商事からエキサイトの経営者として出向してきて、ほぼ6年経過すると再び伊藤忠商事に復帰してしまうのです。ですから、歴代のエキサイトの経営者は腰掛けの感覚でエキサイトの経営にあたってきたのだと思います。

エキサイトの取締役の顔ぶれを見ても、エキサイトの生え抜きの社員が取締役に就任することはありません。このため、業績の低迷という要因も含めて、社員の士気は低くなりがちです。

まずはエキサイトへのアクセス数を増やして、広告収入を増やすことが経営再建の王道と思われます。

秋葉ひろしより

エキサイトの企業情報についての記事は参考になりましたか? エキサイトについて更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。