金融・証券・保険業界のその他企業:

融資で利ざやを得るビジネスモデルの限界

weakness

銀行は、利用者から預金を集め、それを資金を必要とする企業などに融資することで利子を得る。

しかし元本保証で集めた資金はリスクにはさらすことはできないから、将来性のあるビジネスでも、不安定で担保を持たないベンチャーには簡単には融資できない。

そもそも、リスクを取って予測不能なビジネスに融資をしても、出資ではないため得られるリターンは低い。


逆に、安定した大企業向けの融資においては利率の「値下げ」圧力が無視できない。余剰資金を融資する先が少なく、結果的に有料な融資先では貸出競争が激化してしまうのだ。

みずほなどのメガバンクでも国内大企業向けに利ざやは0.5%を下回るようになってきている。
交渉によっては利ざやが0.1%を下回るケースもあると言う。

利益率があまりに低く、このビジネスモデルだけでは企業規模を維持できない段階に来ている。

銀行の弱みより

金融・証券・保険業界のその他企業のについての記事は参考になりましたか? 金融・証券・保険業界のその他企業について更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

保険業界での専門採用枠を設ける動き

newgrad

保険業界ではこの数年、保険の商品設計を行う「アクチュアリー(保険数理人)」以外でも、専門採用枠を設ける動きがある。大手では、第一生命保険が資産運用や建築設計、東京海上日動火災保険が資産運用とITの採用を実施している。専門分野に強い学生の取り合いが激化してきた。... ...

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。