金融・証券・保険業界のその他企業:企業情報

【仕事内容】金融機関系保険代理店の営業職

buzz

【どのような仕事内容なのか】
私の仕事は、金融機関系保険代理店の営業職です。主に金融機関から法人のお客様を紹介して頂き、そのお客様に保険契約の切り替えや新しい保険の提案を行います。
損害保険と生命保険を扱っていますが、他の会社と同様、損害保険は代理業で生命保険は媒介業となります。

損害保険の代理業とは、契約の締結圏まで代理店が有していることを意味します。
一方、生命保険の媒介業とは、保険契約の締結圏までを有していないこと意味します。これは、生命保険の身体等の査定等を保険会社の専門部署が行うことが関係しています。
また、具体的な営業手法としては、損害保険も生命保険もお客様から企業概況や事業構造等を詳しく聞き、そこから適切な保険商品を提案していきます。

【顧客について】
私の会社は、金融機関系代理店のため、親会社のような存在の金融機関からお客様を紹介してもらい、そのお客様にアプローチします。
紹介頂いたお客様に対し、製品やサービス、時ぎゅう構造や業界の状況等、多角的にヒアリングし、損害保険・生命保険の商品を提案します。金融機関が銀行の場合、銀行の権威で販売できると誤解されることもありますが、法律上、銀行が融資先に対し優越的な地位を利用することは移封されておりますので、紹介後から制約に至るまでは営業としての力量が求められます。

また、既に保険契約を頂いているお客様に対しては、損害保険の場合は毎年の更新に向けて、リスク状況の変化や新たなリスクが生まれていないか、定期的に訪問し、ヒアリングしていきます。契約を継続するかどうかはお客様が持つ権利のため、他の代理店に切り替えられないよう、丁寧に対応する必要があります。

【就職した理由】
私は就職活動の時に2つの軸で業界を絞り、活動しておりました。
1つは金融業界、1つは法人営業であることです。
金融業界を志望した理由は、経営資源の中で私が最も重要だと考えていた「お金」をもとに企業の成長や新たな戦略を後押しできることに魅力を感じていたからです。

もう1つの法人営業であることは、法人の場合、多くのステークホルダーとの関係のもと、倒産を回避し、成長していくために、合理的な意思決定が必要とされ、だからこそ営業においてもその合理性に即した提案や、さらにはお客様の思考を超えた提案力が求められると考えたからです。
リスクが顕現化した不測の事態に資金を融通でき、かつ法人に対して営業を行えるこの仕事がこの2つの軸に合致したからです。


【仕事で必要なスキル】
私が考える特に重要だと思うスキルは、継続的に学習する力だと思います。法人営業を行う保険代理店の場合、法人がそれぞれ独自のリスクを抱えていることがあることから、保険商品の概要だけでなく、約款の細部までを読み込み理解する必要があります。また無形商材を取り扱うということで法律上の規制も厳しく、しっかりと理解しておく必要があります。

さらに様々な業種の企業の社長や役員、管理職クラスとやりとりを行うため、その企業の除法だけでなく商材の流れや業界の動向等を知っておく必要があります。
こういった膨大な知識は短期では身につかないため、継続的に学習していくことが必要なスキルだと強く感じます。


【仕事で苦労する事】
保険契約の支払いの際に支払いできるかどうかが不明瞭な場合です。お客様としては、保険商品に加入していので当然、不測の事態が起こった時には支払われるものと考えます。
一方で、保険商品では支払いできる場合以外に支払いできない場合も規定されております。この部分は当然、契約時点で説明をしなければならず、説明をしている事項ですが、保険約款が支払いできる場合と支払いできない場合を言葉で記載している以上、そのどちらにも該当しうる保険事故が発生することがあります。

この場合、保険約款の総合的な解釈から判断するため、保険会社とやりとりをしつつ、自分でも再度約款や類似の事故事例を調べ上げ、お客様にとって、最善の結果である支払いとなるよう努めます。
一方で、保険金の支払いができない場合ももちろんありますので、この場合はお客様のところになぜ支払いができないかを丁寧に説明しなければなりません。1回の説明では納得していただけないお客様もいますので、その場合はなんどもやりとりをし、納得をしてもらいます。
こういった微妙な案件は、判断が出るまでのプロセスや業務量が膨大になり、また関係者との様々な折衝が必要となりますので、大変な仕事だと思うことがあります。

【やりがいを感じる時】
やりがいを感じる時は、保険金を支払った時に、お客様に感謝の言葉をもらった時です。
保険商品はそもそも、不測の事態により契約者に損害が発生した場合に保険金を支払うものである以上、保険金を支払うのは当然でありますが、上述のようにすぐに支払えるというものばかりではなく、支払いのできない保険事故が起こることもあります。
その場合、お客様に真摯に説明する一方で、保険商品の内容上昇がいないことではありますが、保険金を支払えなかったことに対し忸怩たる思いを感じることもあります。
一方で、様々なやりとりの上、保険契約を頂いたお客様に何か損害が発生した場合に、そのやりとりによって補償がしっかりとカバーされ、支払いができた時は、適切な保険商品を提供できてよかったなと感じます。
こういった時にお客様から感謝の言葉を頂くと、この仕事をしていてよかったなと感じ、仕事へのやりがいにつながります。

【この仕事に興味を持つ方へ】
保険商品は普段あまり接することもなく、また接する時は何か損害のあった場合など、不幸が絡んでいることが多く、良い印象を持っていない方もいると思います。
しかし、この保険商品があることで、契約者に何か不測の事態に陥った時にお金の補償を提供することができ、素早い事業の再開を可能にさせるものでもあります。そういった意味で、保険商品は契約者や社会全体の縁の下の力持ちのような存在であり、普段は目立たずとも大きなやりがいを感じられる仕事だと思います。

HGOより

金融・証券・保険業界のその他企業の企業情報についての記事は参考になりましたか? 金融・証券・保険業界のその他企業について更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

銀行での個人顧客向けの事業

business

銀行の顧客は、大きく分けて法人向けと個人向けがあります。個人で預金や振込で銀行を利用したことがある方もいらっしゃると思いますが、それ以外にも個人顧客向けにも融資業務があります。具体的にはマイカーローンや住宅ローン、教育ローンなど。家庭を持ってからお世話になる方が多いかもしれませんね。自動車なら百万円... ...

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

りてーるより

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • for 転職
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。