金融・証券・保険業界のその他企業:インターンシップ

重要なのは自分が本当に行きたい業界業種なのかをしっかりみてくること

internship

あなたは就職活動において何を重視して行っていますか?

お金ですか?社風ですか?経営理念ですか?自己成長性ですか?

それをしっかりときめてからインターンに行ってください。

そして応募して対策を練ってください。


インターンへいくにあたり重要なのは自分が本当に行きたい業界業種なのかをしっかりみてくることです。

実際の1年目の動きはどんなものなのかをしっかりみていかないと、入社後のギャップによりやめてしまう確率はかなり上がることでしょう。


今学生は就職活動を受験勉強の延長線上だと勘違いしてる子が多く、1つ内定をもらえたりするともうそれでやめてしまったり、それが内定をもらったら遊んだりしたりとすぐに開放感に飲まれ就職するぞという気持ちが薄れてしまっている人が実際沢山いました。

それは大きな間違いです。

内定をもらったらこれからは学生ではなく社会人として日本の経済の一端を握る日本国民になるのですから、大学卒業までに向けて業界を知るためのさらなる業界研究であったりですとか、知識の幅を広げるための情報収集であったりですとかを、一番時間のある大学4年生の最後の時期にやっておくべきだと私は考えます。


そして就活に負けない為には、準備が必要です。そのために大学3年目の夏からだいたい始まるインターンにむけて大学2年生のうちから様々ある業界を浅くでいいので勉強するべきです。

私は業界研究をする事を親から執拗に言われ続けていたのですんなりと内定をいただけましたが、たいていの方が失敗されます。うまくいかないことのほうが多いのです。

インターンはかなり重要で、私は大学が底辺ということもあり内々々定のようなものはいただけませんでしたが、早慶上智関関同立のかたはいただいてる人がいるという話は小耳にはさみました。それは学歴はもちろんですが、その人たちに能力があるからでしょう。

ですが、大半の方々はそんなものはもらえませんので、その企業が行きたいところならば、名前を覚えてもらえるように積極的に自分から話をしに行きましょう。実際名前を憶えていただけるのは大きいです。ぜひともインターンがんばりましょう。

低学歴でも負けるな。より

金融・証券・保険業界のその他企業のインターンシップについての記事は参考になりましたか? 金融・証券・保険業界のその他企業について更に調べたい方は、ログイン/会員登録して追加記事をご覧ください。

【職種研究】外資系銀行の営業の仕事とは?(コールセンター配属)

buzz

海外の大学を卒業し、外資系の銀行で営業職として内定された方から、仕事の内容・体験談を教えていただきました。外資系の金融機関といってもゴールドマンサックスのような投資銀行・証券会社とリテールを行っている銀行とでは採用の傾向や入社後の仕事内容も大きくことなりますが、今回はリテールメインの銀行でのお話にな... ...

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

SWOT編集部より

関連がありそうな他企業のクチコミ

お知らせ

ログイン後に表示されます。 すでに会員の方はログインをお願いいたします。ログイン/会員登録

クチコミを投稿する

この企業の事業内容・業務内容・働き心地についてお書きください。

※適宜改行を入れてご投稿ください。
  • 情報掲載申請/情報修正申請
  • エントリーシート自動添削

    就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。