SWOTは、就職・転職対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

「職務経歴書の添削をしてほしい…」そんな方が選ぶべき転職エージェントとは?

転職活動を始めて、「職務経歴書」を書くことになりました。
でもいざ書こうとしてみたら、これまでの経験をどう書いて良いか悩むものですね。

若手だと「まだ書けることがない」という方が多いですね。
一方ベテランの方だと、書く事が多くて読みやすくうまくまとめるのに苦労される事が多いようです。

どちらのパターンも1人で悩んでいると解決しない事が多いので、第三者に見てもらい、アドバイスをしてもらうのがオススメです。

転職エージェントで、「職務経歴書を添削します!」といって売りの1つにしている会社って多いですよね?

アピールしているエージェントも多いので、逆にどこに相談するのが良いかわかりづらいです。

どうせ相談するなら添削やアドバイスがうまいエージェントがいいですよね。
職務経歴書のでき次第で書類選考が通るかどうかもある程度変わってくるでしょうし、対策の余地があるところで無駄に落ちたくはないですから。

「会社単位」で正解のエージェントはない?

おっしゃる通りです。しかし、残念ながら「会社単位」で見て、所属コンサルタント全員が職務経歴書の添削が得意ということはまずあり得ません。

会社として力を入れているケースはありますが、やはり添削のうまい・下手は個々人の資質に左右されてしまいます。

ある会社の口コミで「このエージェントは添削が良かった!」という意見があったとしても、それはあくまでその人の当たったコンサルタントがそうだったというだけで、担当者が別なら同じようにサービスを受けられるとは限りません。

「個人事業主の集まり」のような人材紹介会社も多いですからね…。「担当者が違えばもはや別の会社」と言っていいレベルでサービスも異なることは珍しくありません。

とはいえ、人材紹介会社ごとに傾向や全体のレベルがそれぞれ違うのも確かです。

運・縁の問題なのでいくつかのエージェントを併用していくのがオススメですが、「見極めるポイント」を把握しておくのは良いかと思います。

選ぶべきエージェントの見極め方とは

私見ですが、いくつかの見極め方、方向性があるかと思っています。

まず
「過去の通過事例をたくさん知っている会社」
(大手orブティック型のエージェント)
次に
「社長のみ、あるいは少数精鋭のエージェントでやっている会社」です。

まず大手の場合ですが、継続的に採用活動を行っている企業であれば大体の場合、「過去の決定事例」があるはずです。

社内で「過去の内定者はどういった自己PRをしていたか」を把握する事もできるはずなので、そういった観点からもアドバイスをもらえると良いですね。

社内に貯まっている知見をちゃんと活用してくれるコンサルタントと、そうでもないコンサルタントでかなり差は出る印象です。

添削などお願いしてみて、あまり良い担当者でなければ担当者変更も検討してみるのが良いかと思います。

あとは、普通に複数社同時に使ってみて、良い担当者とだけお付き合いするのも良いかと思います。

少し探す難易度は高いのですが、少人数でやっているエージェントであれば、社長などコンサルタント自らブログなりTwitterなりされている事も多いかと思います。

レジュメ添削に力を入れている場合、アドバイスされた候補者の事例などを書かれている場合もあります。
結構読んでいて「あ、この方はサポートに注力してくれそう」ってわかることも多いので、それをヒントに探して問い合わせしてみるのも良いですね。

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

転職SWOTに登録すると、 自分の自己PRの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削