SWOTは、就職・転職対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

カジュアル面談とは?普通の面接と何が違う?

今回は、「カジュアル面談」と呼ばれるタイプの企業と求職者での面談についてお話したいと思います。

普通の面接と何が違うのか?

スタートアップ企業へ転職した方が、よくカジュアル面談をしているイメージでした。これって普通の面接とは何が違うんですか?

まず、一般的な面接というのは「求職者がその企業への入社意欲を持っている」という前提で行われるものです。
もちろん実際には複数企業の選考を並行して受けていることもありますし、途中で選考辞退という事もあるのですがそれはそれとして、基本的には求職者側の応募(エントリー)→企業側のジャッジをするというスタンスです。

しかしこのやり方だと、入社意欲が固まっていない方と面接することは難しいですよね。
また転職活動をまだ始めていない、潜在層にもアプローチすることができません。

そこで増えてきたのが「自社に興味を持ってもらい、検討してもらう」ためのカジュアル面談です。
これは(タテマエとしては)企業側が求職者のジャッジをしない事で気軽にアプローチができるようにしているのです。(中途採用でも新卒採用でも行われています。)

カジュアル面談の場合、企業側が自社の事業や社風について話したり、業界や事業についてディスカッションする事が多いですね。ある意味その企業の説明会の代わりにもなっていますが、新卒での就活でよくある「リクルーター面談」に近いと言えばイメージしやすいかもしれません。

普通に選考されるカジュアル面談もある?

リクルーター面談に近いって、それ普通に選考じゃないんですか?

そのとおりです。例外はありますが、基本的に(お互いに)選考する場だと思った方が良いです。(中には採用判断に関わらない社員をアサインするなどしてカジュアル面談のハードルを低くしている企業もあるようですが、ごく一部です。)

確かに、「履歴書や職務経歴書を用意していかなくても良い」「服装もカジュアルで良い」などの観点で準備の負担は軽いですし、志望動機もきちっと話さなくて良いです。
それ以外ですと、PCや紙でメモを取るのもOKという企業も多いです。
(求職者と企業の担当者、お互いにPCを開いて話しているという事も少なくありません。)

ただ、志望動機がいらないからといって、何も考えずにカジュアル面談に臨むのはオススメできません。「検討している」段階ですのでその企業に対する志望動機はなくても当然なんですが、それでも当該業界に対して「こんな問題意識を持っている」みたいな事は言える方が良いですね。
そういった会話の中から企業側が「この人の持っている問題意識はうちの事業とも関わりがありそう」と感じれば、企業側からそのことをPRしてくれる事も多いでしょう。

もともとその企業の事業内容に対して土地勘があり、業界に対して問題意識を持っているような方であれば準備もなく建設的なディスカッションができるかもしれません。
(実際、企業側が採りたい人材であれば転職とは関係なく日頃から考えているかもしれません)

しかし明確に選考と明示されていなくとも、事業についてディスカッションした時に「浅いなー」と感じられてしまえば次のステップが用意されず「オフィスに遊びに来ただけ」で終わりという事も十分にありえます。

カジュアル面談は、人によって認識が異なるためよくわからないまま面談に行って悔しい思いをされる方も多いですね…。

カジュアル面談と言いつつガッツリ面接するような企業も残念ながらあるようです。
「カジュアル面談をしにいったのに、なぜか面接結果という件名でメールが届いた」という理不尽な例もちょくちょく耳にします。

企業側もカジュアル面談をどのように活用していいのかノウハウがなく、アプローチ対象や面談時の対応などでブレがあるのも事実です。

大規模採用に向かないのは確かですが、採用の1手法としてカジュアル面談があるのは良いことだと思います。

エントリー時点でそこまで興味を持てるかどうかわからないのに書類を準備して応募するのって心理的にはハードル高いですよね。

手間をかけて書類を準備してもいきなり不合格が来たり、音沙汰がない場合も多いわけです。
それで転職活動が嫌になってアクションが止まってしまう方も多いはずです。

キャリア相談はしない方がいい?

選考に影響するのであれば、カジュアル面談で会った方にキャリア相談というか、悩みはあまり言わない方が良いのでしょうか?

その企業への入社意思がないとハッキリしていて、社会勉強のつもりで来ているなら別なんですが、そうでないならキャリアの悩みを不用意にそのまま相談するのはオススメしません。

内容にもよるので一概にダメとも言いにくいのですが、話した悩みの内容によっては「ネガティブな人だ」と感じられたり、「そのような悩みを持つのは本人にも何か問題があるのでは」と心配される可能性はあるでしょう。

どちらかというと、そういった相談はエージェントに話す方が親身になってもらえる事が多いかと思います。(親身になってくれないエージェントも多いのでそこは当たり外れあります)

例外的に話して良いケースの一例ですが、前向きな悩みであれば話してみても良いのではないでしょうか。より成長するためにどうするかとか、これから何を学んでいきたいかなど、そういったポジティブな悩みはその企業の選考に進む場合でもプラスの評価になりやすいですし、その企業に入らなかったとしても何か得られるものがあるかもしれません。

人材紹介(転職エージェント)をしている時、「いきなり選考はちょっと…」と尻込みしている方が、まずはカジュアル面談をさせてもらえないかと相談されるケースがありました。

しかし企業としては、通常より手間がかかるので、カジュアル面談していない企業に依頼するのは失礼にあたる可能性もあります。逆に企業側が「ぜひこの人を採用したい。興味を持って欲しい」という姿勢なら先方からカジュアル面談の提案が来るものです。

自分自身の情報収集や企業理解のためにカジュアル面談をしたいと考えている場合は、採用担当を介さずに社員や元社員の方と話をすることができないか模索する方が良いでしょう。

カジュアル面談はどのようにセッティングされるか

カジュアル面談は、企業側から持ちかける場合と、求職者が依頼する場合、どちらもあります。
前者のケースは、転職サイトのスカウトDMを送る際に「まずはフランクにお話だけでもいかがでしょうか?」といった形で提案が来ます。Wantedlyやビズリーチなどはそういったスカウトが来ることも多いですね。

後者のケースは、転職サイトの機能としてカジュアル面談の依頼ボタンが付いていたり、応募ボタンとは別に「気になるボタン」などが設置されていたりします。(Wantedly、GREENなど)

それ以外ですと、転職エージェント経由で紹介された企業がカジュアル面談を依頼してくるケースもありますね。

同じ企業でも、カジュアル面談を実施したりしなかったりします。
特定の職種のみそういった手法を使っていたりしますが、傾向としては事業企画系や幹部候補などのポジションほどカジュアル面談から入ることは多いですね。あとはエンジニアなど採用難易度が高いポジションも志望度を引き上げるためにカジュアル面談を活用されることが多いです。

逆に少ないのは、ある程度仕事内容が決まっているバックオフィスだったり、採用人数が多い職種では手間の問題から敬遠されます。これらのケースでは、求職者側がカジュアル面談を依頼しても会社説明会などに誘導される事もありますね。

敢えてカジュアル面談を行うメリットは?

企業目線では、前述した通り「転職潜在層へのアプローチができる」「候補者に対して直接会って興味づけ、志望度引き上げができる」という事が主なポイントです。

また副次的に「採用以外の関わり方も模索できる」「面談者自身を採用できなくとも自社のファンを増やせる」という効果もあると言えるでしょう。

立ち上がったばかりのスタートアップ企業には特にメリットが大きいですね。
いきなり雇用せずにまずは副業形式で関わるパターンは増えてきていますし、認知度が低い段階で自社を応援してくれる方が増えるのも恩恵が大きいと思います。

求職者目線で考えると、「準備段階での負担が軽減される」「転職以外の選択肢も考えられる」「ネットワークを広げられる(こともある)」「勉強になる(こともある)」といったところでしょうか。

普通の採用面談は多くの場合、応募した職種へのOK・NGのみで考えられるものです。

一方でカジュアル面談では、「この候補者がウチに興味を持ってくれるならこんなポジションを作ってもいいな」など、フレキシブルに考えられる事も多々あります。
正社員じゃなくてまずは副業やインターンから始めてみないか?と提案されるケースも多いですね。それが良いか悪いかは求職者の状況(いつから働きたいのかなど)にもよるのですが。

雇用形態などの選択肢が複数あることは、メリットにもなりますがデメリットにもなりますね。
もし正社員としての就職・転職しか考えていない場合、「最初は副業からスタートしないか」と言われても困る場合はあるでしょう。

カジュアルに就職・転職活動をしたいならどんなサービスを使うべき?

スタンダードなところでは、カジュアル面談普及にも一役買った https://www.wantedly.com/ ですね。カジュアル面談の使用率ではトップクラスのサイトではないでしょうか。

次に、LinkedInもオススメです。日本ではあまり普及していないように見えるかもしれませんが、実は結構活用されている方は多いです。特に外資系企業からスカウトをもらって転職成功させた方の話をよく聞きますね。

あとはハイクラス向けとなりますが 高年収を目指したい方におすすめなのがビズリーチです。
企業からのスカウトと転職エージェントからのスカウト両方来ます。
現時点でハイクラスな人ほど、最初はカジュアル面談を提案されるケースは多いでしょう。

また別の観点ですが、まだ本格的に転職活動をしていない方であれば転職会議のような口コミサイトにまずは登録するというのも良いでしょう。

その他、「カジュアル面談に対応しているわけではないが、応募時の負担が低い」という転職サービスとしては、書類選考なしの企業のみ取り扱っている就職shop(リクルート運営)や、「らいく」ボタンを押すことで正式応募前に企業側の反応を伺うことができるはたらいくなども、様子を見ながら転職活動を始めたい場合にはオススメしやすいかと思います。

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

転職SWOTに登録すると、 自分の自己PRの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削