就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント。 就活カレンダー でES〆切もチェックできます!)

経験を話すだけ、長所を伝えるだけではダメ?差がつく自己PRの作り方

514 views

こんにちは。就活SWOT運営委員会です。

これまで就活における様々な重要情報をお届けして参りましたが、
前回からお伝えしている「自己PR」は「志望動機」と並んで、
非常に採用においてウエイトの高い評価項目です。

「自己PR」と「志望動機」この二つが選考において最も重要だと言っても過言ではありません。

採用する人材を選ぶ企業の立場になってみてください。

ESを提出した段階、初めての面接の段階ではあなたのことを何一つ知りません。
その上、何百人何千人の人を見て選ばなければならないので、
もし十分なPRができなければ間違いなく採用されることはないでしょう。

また、志望動機も非常に重要です。
「なぜ御社を志望するのか」が明確な人と、そうでない人、どちらが選ばれるかは明白ですね。

志望動機については次回お話するので、今回は自己PRについてお伝えさせていただきます。
前回の自己分析についてのメルマガコラムを読んでいない方はバックナンバーを読み返してみてください。

『メルマガコラムvol.6 – 効果的な自己分析について -』
https://swot.jp/shinsotsu/28158/

読んでいただいて自己分析できたら次は効果的な自己PRを考えてみましょう。
まずはじめに、自分が面接でPRできることを思い浮かべてください。

例えば・・・

-ゼミでの発表
-サークルで代表を担ったこと
-留学経験
-スポーツで全国大会に出場したこと
-アルバイトで管理者になったとこと
-ビジネスコンテストに参加したこと

など、みなさんにはきっとPRできる何かしらのエピソードがあると思いますが、
エピソードを他の人と比べて華やかさや規模の大きさで劣っていると感じ、
うまく自己PRができないという人もいると思います。

例えば・・・

-部活で全国大会優勝を成し遂げた
-ビジネスコンテストで優勝した
-NPO団体を立ち上げて、貧困地域に学校を建設した
-学生時代に事業を立ち上げた

などの輝かしい経歴と比較して頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

しかし、自己PRというのはそういった経験やエピソードの華やかさが評価されるのではありません。

そもそも自己PRとは何か?ということについて
ここでもう一度整理しましょう。

自己PRというのは、企業に自分をアピールすることです。
つまり自分が誇れる長所、特徴、性格、スキル、知識などのことであり、
経験それ自体を語っても、必ずしもPRにはなりません。

では自己PRはどのようにして考えればいいのか。
多くの方が自己PRを考える時に、経験やエピソードを思い浮かべると思いますが、
そうではなく逆の順序で考えてみると、自己PRがよりPRらしくなります。

例えば・・・

自分がアピールしたいのはリーダーシップが発揮できるところだ
 ↓
それならアルバイトでのリーダー経験をアピールしよう
 ↓
バイトの時の経験を話せば、人の良いところを見つけて評価し、
伸ばしていくというスタイルのリーダーシップであることが強調できそうだ。

というように、そのアピールポイントが強調されるように
エピソードを活用すれば、面接官の興味を引けます。
どんな経験をしたかだけで判断されるわけではありません。

ただし、逆に長所などのアピールポイントばかりに目を向け、
具体的なエピソードや体験談を交えずに自己PRをしても
効果的な自己PRにはなりません。

例えば・・・

「私はリーダーシップを発揮できます。自分のスタイルとして、
厳しく統率していくリーダーシップではなく、人の良いところを伸ばす
リーダーシップを発揮することができます。またリーダーとして
誰よりも一生懸命に仕事に取り組むことができます。・・・」

これは、具体的なエピソードを出さずに、PRポイントを並列して
いくつも並べてしまっているパターンです。

これでは抽象的すぎて聞いてる方はピンときません。
何より根拠がないので信じられません。

経験やエピソードを具体的に語ることができれば、抽象的なアピールに信憑性を持たせられます。
アピールの根拠になるということですね。

これまで述べてきた通り、自己PRにはエピソードを盛り込む必要がある一方で、
エピソードだけでなくしっかりとアピールポイントを強調することも大切です。

経験を話すだけでもだめ、長所を伝えるだけでもダメ。

その両方のバランスを取ることができれば、
アルバイトの経験や、サークルの経験、ゼミでの経験でも、
あらゆるエピソードが自己PRの源泉となり得ます。

自分にはPRできることがないのではないか、という不安を持っている方や、
素晴らしい経験を自慢話にしてしまい、効果的な自己PRができていなかった方には、
是非とも今回お伝えした自己PRの考え方を取り入れてもらえれば幸いです。

次回は、「採用したい!」と思わせる志望動機についてお伝えします。


就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削