就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)



女性が多い百貨店の職場。男性には大変?それとも…?

百貨店の職場環境というと、みなさんどのようなイメージがありますか?

接客の仕事で大変と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、よく特徴として挙げられるのは「女性の多い職場」ということ。

そんな中で男性が働くことは、苦労も多いのでしょうか…?
逆に男性が少ないことのメリットはあるのでしょうか。

実際に働いている方の話を伺ってみました。

百貨店社員の仕事内容

私は以前百貨店店員として働いていました。仕事内容としては接客販売です。

店員は基本的に受け持ちのブランドを割り当てられるのですが、その商品の販売を行います。

そしてそれに伴う商品の受入、補充、返品などの仕事を行います。セールの時期にはそのセール準備も行います。例えば値札を変えることもしますし、セール商品をメーカーの営業と相談し仕入れたりもします。

他にはパートさんの仕事の割り当てを指示することも大きな仕事の一つです。
「レジに入ってください」、「昼休憩に入ってください」など仕事を回すために人を動かすということもします。そして催事などの時は中心として働き、どのブランドをどこの場所におくか、放送をどうするかなども決めるのが正社員の仕事です。

人に指示を出せる事が重要

特に大卒で入社した場合、男女共に上司候補として働かなくてはいけません。
そのため接客販売が上手いことももちろんですが、どちらかというと人に指示したりすることが上手い人のほうが重宝されます。

また販売は女性が多い職場が多いので女性同士うまく立ち回れる人が向いています。
また気が強い人のほうが長く勤めているような気がします。

男性は早く出世できる

仕事のやりがいとしてはやはりお客様から感謝されることと、催事などが終わった後の達成感だと思います。

ちなみに百貨店は女性が入るものと思っている人が多いかもしれませんが、絶対男性が入った方がいいです。

なぜなら男性の方が早く出世するからです。それに内定をもらいやすいです。
女性は結婚出産などで辞める人もいるので男性の方が優遇される傾向にあります。
それに他の業種だとライバルが多いかもしれませんが、百貨店はライバルが少ないので出世しやすいほうだと思います。

百貨店は体力的にはきついかもしれませんが、他の接客業よりは休みはしっかりある方だと思いますので、接客したい人にはオススメです。わたしの場合、土日休みも月に1回から2回は取れます。

ぜひ百貨店員として一緒に働きましょう!

2019卒(3年生・修士1年生)必見イベント



就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削